紙幣から仮想通貨に移行する可能性ある。ゴールドマン・サックスCEO

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨の成功を疑っている者を批判 GSのCEO

時価総額870億ドル、世界の金融セクターで最大の投資銀行の1つゴールドマン・サックス社のCEOロイド・ブランクフェイン氏は、ビットコインと仮想通貨には未来がないと考えている懐疑論者を批判している。

2017年の初頭以降、ブランクフェイン氏は、仮想通貨市場が主要アセットクラスになっているとは思えないと述べている。
しかし彼はしばしば、投資家はビットコインのような仮想通貨を新興のアセットクラスとみなし、仮想通貨とブロックチェーンの可能性を認めなければならないことを強調してきた。

紙幣からデジタルマネーへと移行する可能性ある

以前には、CNBCのケイラ・タウシュ氏のインタビューで、ブランクフェイン氏はビットコインについて同様の意見を繰り返していた。
米国の歴史において、米政府は金本位制を突然廃止し、それを価値のない通貨米ドルで置き換えた時代について説明している。

当時、米国に拠点を置く企業、個人、投資家は金の代替として、紙幣の一種である米ドルを受け入れ容認することに抵抗を示した。
金が何世紀にもわたって貨幣の基準だったからだ。

ブランクフェイン氏は、金から紙幣への移行が当然の成り行きだったのと同じように、不換紙幣からデジタルマネーへと自然に移行する可能性があると説明した。

ブランクフェイン氏は、仮想通貨について完全に理解しているわけでも、ビットコインがすぐに準備通貨になると確信しているわけでもないが、新興のアセットクラスとしての仮想通貨市場について柔軟に見ていきたいと述べた。

参考:Goldman Sachs CEO: It’s ‘Arrogant’ to Think Cryptocurrency Won’t be Successful -CCN
Photo by Fortune Live Media

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA