下落の中、BTC価格が1万ドルまで上昇する3つの理由。米投資会社CEO

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

6月23日、CNBCファーストトレーダーにおいて、BKCM創設者で仮想通貨投資家のブライアン・ケリー氏は、ビットコインが中期的に10,000ドル以上に回復する3つの大きな理由を説明した。

  1. 仮想通貨市場の大きな下落は近いうちに底を打つ
  2. 日本の仮想通貨取引市場で前向きな動きがある
  3. Mt. Goxのビットコインの民事再生決定

仮想通貨市場の大きな下落は近いうちに底を打つ

投資の基本ルールに立ち戻り、市場が非常に強気で楽観的な時期には、売りを行い市場に参入するチャンスをうかがうのが良く、市場が過度に悲観的な場合は、参入するポジションを探すのが賢明であるとケリー氏は指摘する。

仮想通貨市場に対する投資家のネガティブな感情を考慮すると、仮想通貨市場の大きな下落は近いうちに底を打つ可能性が高く、おそらく2〜3か月後、本年度の第4四半期に中期的な回復が始まる可能性が高いとケリー氏は説明した。

日本の仮想通貨取引市場で前向きな動きがある

さらに重要なことに、日本政府による規制の強化、仮想通貨市場の整理、そして日本の仮想通貨セクターの適正化への動きが、長期的に明るい進展になるとケリー氏は述べた。

コインチェック社のセキュリティ侵害のような重大ハッキング攻撃を防ぐことになり、公開市場の投資家が日本の取引所を信頼できるようになるからだ。

Mt. Goxの民事再生決定

2014年に不正アクセスによってビットコインが流出し、事業継続が困難になっていたMt.Goxの民事再生法の適用が6月22日に決定した。

Mt.Goxの破産時のビットコイン価格は約5万円だったが、当時からビットコイン価格は大きく上昇。それにより約20万ビットコインを所有するMt.Goxが、債権者に100%配当が見通せる状況になったためだ。

ケリー氏によると、これら3つの要因は市場の安定的な成長と投資家の信頼回復をうながし、次の中期的なビットコイン価格の上昇へと繋がるとしている。

参考:3 Reasons Why Bitcoin Market Remains Optimistic Despite $6,000
民事再生手続開始決定のお知らせ -株式会社MTGOX
画像:BTC Keychain -flickr

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA