ビットコインチャート!おすすめPCサイト6選・アプリ6選

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • 私にピッタリのチャートサイトやアプリってどれ?
  • サイトやアプリによってどういう違いや特徴があるの?
  • チャートを見てどうやって相場を読むの?

この記事では、ビットコインのチャートを確認する時にオススメのPCサイトやスマホアプリの紹介と、チャートの見方の解説を行います。

この記事を読めば、チャートの見方を理解して、あなたに合ったビットコインのチャートサイトやアプリを使えるようになります。

ビットコインの相場予想について知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

参考記事
ビットコイン相場予想!チャートで見る今後2018年,2020年〜

ビットコインのおすすめチャートPCサイト6選

ビットコインのチャートをPCで見る際におすすめのサイトを初心者向けと、中級者・上級者向けに分けて紹介します。

初心者向け

1.みんなの仮想通貨

前日比や上昇比率をロウソク足で見ることができます。

画面デザインがシンプルで見やすく、ビットコインだけではなく他の仮想通貨のチャートも簡単に見ることができます。

初心者にとってわかりやすく、使いやすいチャートサイトです。

各取引所の現在価格をリアルタイムで見ることができるので、このページを開いておけば、1ビットコインがいくらか現時点での詳細な値動きを把握することができます。

2.ビットフライヤー

ビットフライヤーではエリアチャートを使用しており、ビットコインの価格推移がひと目で分かります。

期間の選択も簡単にすることができ、初心者にもわかりやすいシンプルなチャートを見ることができます。

中級者・上級者向け

3.Coincheck(コインチェック)


コインチェックはローソク足のチャートを導入しており、カーソルをチャートに合わせるとその位置の日時と価格を見ることができます。

画面背景が黒く、緑と赤のロウソク足が特徴的なデザインのチャートになっています。

4.CoinMarketCap(コインマーケットキャプ)


チャートはシンプルなラインチャートで、通貨の時価総額ランキングや取引所ごとの取引量を表示できる点が特徴です。

各通貨の値動きグラフも一覧で見ることができるので、仮想通貨市場全体を把握したい時の使用に向いています。

複雑な分析まではしないけれど、一つの通貨だけではなく、市場全体を見たいという中級者向けのチャートサイトです。

5.Zaif(ザイフ)

 Zaifのチャートの特徴は、一つの画面に平均足やエリアチャート、ラインチャートなどの複数のチャートを表示させることができるところです。

またインジケーターの種類も豊富ですので、テクニカル分析をする上でも非常に便利な上級者向けのチャートです。

6.bitbank(ビットバンク)

bitbankのチャートは、現物とFX両方のチャートを表示させることができます。
チャートにカーソルを合わせると日時と価格だけではなく、始値と終値も表示されます。

表示項目が多く、テクニカル分析もできるので上級者に向いているチャートサイトです。

ビットコインのおすすめチャートアプリ6選

ビットコインのチャートをスマホで見る際のおすすめアプリを「動作が安定しているアプリ」、「高機能チャートアプリ」に分けて紹介します。

また、評判の悪いZaifのアプリについても解説します。

動作が安定している

動作が安定しているのは、GMOコインとbitFlyerの2つのアプリです。

1.GMOコイン 仮想通貨ウォレット

ロウソク足で仮想通貨の値動きを確認したり、テクニカル指標も利用することができます。

iOSとAndroid共に評判もよく、使いやすいアプリになっています。

iOSのダウンロードはこちら
Androidのダウンロードはこちら

2.bitFlyer(ビットフライヤー)

「使い勝手抜群」、「使いやすいです」という高評価のレビューがAppStoreで入っており、使いやすさに定評のある高品質アプリです。

iOSのダウンロードはこちら
Androidのダウンロードはこちら

高機能なチャートを利用できる

高機能なチャートをスマホでも利用できる4つのアプリ、BITPoin、bitbank、DMMビットコイン、coinchekを紹介します。

3.BITPoint(ビットポイント)

ロウソク足のチャートを1分足から見ることができるので、こまめにチャートをチェックしたい人に向いているアプリです。

iOSのダウンロードはこちら
Androidのダウンロードはこちら

MT4(メタトレーダー4)

Bitpointは「MT4(メタトレーダー4)」という約30種類のインジケーターを装備した高性能チャートツールを使用することができるのが特徴です。

MT4に対応しているのはビットポイントFXのみですが、MT4を使いたい方にはオススメのチャートアプリです。

MT4を使用するためには、口座開設後にMetaTrader4のアプリをインストール後、BITPoint-FX-Liveのサーバに接続して使用することができます。

詳細な使用方法はこちらの公式サイトで解説があります。

Androidのダウンロードはこちら
iOSののダウンロードはこちら

4.bitbank(ビットバンク)

bitbankのアプリでは、100種類以上のテクニカル分析を使用できる「TradingView」を採用しています。

様々な分析をスマホアプリでも行いたい方におすすめです。
またリアルタイムの注文状況の表示を見ながら、注文をすることも可能です。

Androidのダウンロードはこちら
iOSののダウンロードはこちら

5.DMMビットコイン

4分割マルチチャート機能を搭載しており、複数の仮想通貨を比較したり、一つの仮想通貨を複数の時間帯で見比べることができます。

Androidのダウンロードはこちら
iOSのダウンロードはこちら

6.coincheck(コインチェック)

特徴はチャートのメモリが5分、15分、1時間、4時間、1日と細かく設定できるところで、時間ごとの詳細な値動きを知りたい場合に適しているアプリです。

Androidのダウンロードはこちら
iOSのダウンロードはこちら

評判が悪いZiaf(ザイフ)のアプリ

Zaifでもビットバンク同様に高機能チャート「Trading View」を採用しています。

ただ、Zaifのアプリは以下のように低評価のレビューが入っており、AndroidとiOS共に評判が悪いです。

  • 「不便です。」
  • 「ログインするのが時間効率悪過ぎますよ…」
  • 「正しいパスワードなのに認識しない。」

そのためZaifで取引をしている人でなければ、Zaifのアプリはおすすめではありません。

Androidのダウンロードはこちら
iOSのダウンロードはこちら

ビットコインのチャートの見方

チャートの見方、デプスチャート(深度図)について解説します。

チャートの見方

チャートを見る際には、平均移動線とローソク足を比較することで相場の流れをつかむことができます。

平均移動線とは、一定期間の仮想通貨価格の終値の平均値をつなぎ合わせた折れ線グラフのことです。
またローソク足とは始値、高値、安値、終値をローソクの形に表したチャートのことです。

上昇相場、下降相場、横ばい相場の判断は以下のように行います。

※赤線のグラフが移動平均(25)、青線のグラフが移動平均(75)です。

  • 上昇傾向相場:ローソク足が移動平均線より上にあるとき
  • 横ばい相場:ローソク足と移動平均線が重なっているとき
  • 下降傾向相場:ローソク足が移動平均線より下にあるとき
    画像:みんなの仮想通貨

Depthチャート(深度図)

Depthチャート(デプスチャート)とは、どれだけ買い注文と売り注文があるかを視覚的に見ることができるチャートです。日本語では深度図と言います。

上記のデプスチャートを見ると、売りのほうが多いことがわかります。
現在価格に近づくにつれてチャートが低くなり、現在価格から離れるとチャートが高くなっていきます。

まとめ

ビットコインのチャートを見る際におすすめのPCサイトとアプリの紹介、チャートの見方を解説しました。
ポイントは以下の通りです。

  • 初心者にオススメのチャートサイトはみんなの仮想通貨とbitFlyer。
    中級・上級者にオススメのチャートサイトはCoincheck、CoinMarketCap、Zaif、bitbank。
  • 動作が安定しているチャートアプリはGMOコイン、bitFlyer。
    高機能なチャートアプリはBITPoint、ビットバンク、DMMビットコイン、Coincheck。
  • チャートを見る際には、平均移動線とローソク足を比較することで相場の流れをつかむことができる。
  • デプスチャート(深度図)で、売り・買い注文のどちらが多いかがわかる。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA