ビットコイン価格、6000ドルを下回る。取引量も減少。

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

6月28日、ビットコイン価格6000ドル下回る

木曜日(2018年6月28日)、ビットコイン価格が急落し6000ドル台を割り込み、半年に及ぶ仮想通貨の急落もまだ底値まで落ちていないという懸念を再び煽っている。

2018年の仮想通貨の取引量は激減しており、このような供給量の不足は市場回復の吉兆となっていない。

6月29日の大半を6100ドル(約67万4800円)前後で推移していたビットコイン価格は、午後9時(協定世界時)頃、まるでタイミングを見計らったかのように6000ドル台を割り込み、その後も売りが加速した。

仮想通貨市場全体では24時間で5%の下落

午後11時45分には5873ドル(約64万9700円)にまで落ち込み、本記事執筆の金曜日(6月29日)午前0時15分(協定世界時)時点では横ばい状態となっている。

ビットコインの時価総額は現在1013億ドル(約11兆2070万円)で、仮想通貨市場の約47パーセントを占める。

一方、仮想通貨全体の時価総額は2376億ドル(約26兆2860億円)に落ち込み、24時間のうちに5パーセントの下落となっている。

参考:Newsflash: Bitcoin Price Careens Below $6,000 as Downturn Worsens

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です