ビットコイン投資で後悔しないレバレッジ取引のやり方とは?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ビットコイン(仮想通貨)の現物投資を経験した方の多くが、レバレッジ取引(ビットコインfx)に大きな関心を抱くようになります。当然、レバレッジ取引のやり方や、そのメリット・デメリットについて、知りたいと思うのではないでしょうか。2017年中までとは違い、2018年以降はBTC(ビットコイン)などの相場も下落局面が多く見られるようになりましたので、レバレッジ取引のやり方に関心が集まるのも自然な流れだと言えます。

例えば、現物取引であれば、BTC(ビットコイン)の相場が1BTC=100万円の時に「買い」を入れたら、利益を得るためには、投資家はひたすら相場が100万円よりも高騰することを期待する他ありません。ところが、レバレッジ取引(ビットコインfx)であれば、相場が弱含みだなと判断すれば、「売り」から入ることも可能です。1BTC=100万円の時に「売り」のポジションを建てたとすれば、相場が1BTC=100万円よりも下落することを楽しみに待っていれば良いのですね。

ビットコイン投資でも、現物取引ではなくレバレッジ取引であれば、相場の上昇局面のみならず下降局面でも利益を得るチャンスがあります。この記事では、レバレッジ取引のやり方と、その魅力だけではなく、リスクについても整理して説明しておきます。

ビットコイン(仮想通貨)投資でのレバレッジ取引のやり方とは?

ビットコイン(仮想通貨)の現物取引のやり方については、既に多くの投資家が経験されているので説明不要かと思いますが、レバレッジ取引(ビットコインfx)には独特の考え方・やり方があります。

ビットコインfx(仮想通貨のレバレッジ取引)の仕組み

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引は、別名ビットコインの証拠金取引とも呼ばれます。早いお話、一般的な外国為替の証拠金取引(為替fx)ではなく、ビットコインを用いたfx取引のことです。

既に為替fx取引を経験している投資家の方にとっては、対象がFIAT(法定通貨)からビットコイン(仮想通貨)に代わるだけであり、やり方自体は同じですので、ビットコインのレバレッジ取引は馴染みやすいことでしょう。

レバレッジ取引はビットコイン(仮想通貨)の受け渡しがなく差金決済

現物取引で、例えばBTC(ビットコイン)を購入したいと思えば、JPY(日本円)を支払って、交換にBTCを受け取ることになります。その後、BTC相場が上昇したら、BTCを転売すると購入代金との差額が利益となる訳です。

例えば、相場が1BTC=100万円の時、1BTC分の買い付けを行えば、投資家の支払金額は100万円です(単純化するために各種手数料等は考慮しません)。その後、投資家の思惑通り、1BTC=120万円に相場が上昇しました。

このタイミングで、投資家が手持ちの1BTCを売却すれば、120万円-100万円=20万円の利益が確保されます。BTC買い付け時は100万円、BTC売却時は120万円という現金が動き、結果的にその差分が利益になっています。

これに対し、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)でも、現物取引と同様、BTCを購入して、その後の転売によって利益を狙うことが可能です。

しかし、そのやり方は相当異なるものです。ビットコインのレバレッジ取引では、「一連の取引の最終的な結果部分(損益部分)だけ現金を動かす」やり方で取引を行います。

先の例でお話ししますと、ビットコイン(仮想通貨)の現物取引では、BTCを買い付けた時点で投資家は現金100万円を支払っていますが、ビットコインのレバレッジ取引(ビットコインfx)では、BTC買い付け時に投資家は100万円を支払いません。

また、現物取引では、BTC転売時に投資家は現金120万円を受け取っていますが、ビットコインのレバレッジ取引では、投資家は120万円を受け取ることはありません。

ビットコインのレバレッジ取引では、一連の取引終了後に、結果として生まれた20万円の利益部分だけ現金の遣り取りが生じます。即ち、一連の取引終了後に初めて、投資家の口座残高に20万円プラスされるのですね(損失であればマイナスされる)。

「取引している対象を遣り取りすることなく、最終的な取引結果のみを口座残高に反映させる」やり方の取引を、「差金決済」と呼びます。

そして、差金決済のやり方を採るが故に、ビットコインのレバレッジ取引では、投資家は購入したBTCを「送金」することができません。なぜなら、自分の口座に現物のBTCは存在しないからです。投資家が、自分の口座のビットコインを自由に送金可能な現物取引とは、この点でも大きく異なりますね。

「買い」だけでなく「売り」からも取引を始められる

上で説明した差金決済の仕組みで取引を行いますから、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)では、「売り」から取引に入り、「買い戻し」により決済して差分の利益を確保する、という投資のやり方も可能になります。

例えば、1BTC=100万円の時に、投資家はBTC(ビットコイン)相場の先行きに弱気を感じているとしましょう。まず、投資家は、1BTC=100万円で1BTC分の「売り」を行います(ショートポジションの購入)。

その後、投資家の思惑通り、BTC相場が1BTC=80万円に下落しました。そうすると、投資家は、1BTCを80万円で買い戻します(ポジションの決済)。これで、100万円-80万円=20万円が利益となり、一連の取引の最後に投資家の口座に反映されます。

自らの口座にBTCが存在しないにも関わらず、投資家はいきなりBTCを「売る」ところから取引を始めていましたね。ビットコインのレバレッジ取引は、差金決済のやり方で取引されますので、現物仮想通貨(この場合はBTC)の受け渡しが発生しません。

それ故に、現物ビットコインを持っていなくても、「売り」から入るトレードが可能になるのです。

小さな資金でも大きく稼ぐチャンスを生むレバレッジ取引

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)には、もう一つの魅力的な特徴が存在します。

それは、「自己資金よりも遙かに大きな金額の取引が可能である」ことです(為替fx取引でも同様)。これができるのは、売買の際に現物ビットコインの遣り取りが発生することなく、一連の最終取引結果のみを口座残高に反映させる「差金決済」の仕組みの賜物です。

例えば、ビットコイン取引所の口座残高が10万円の投資家がいたとします。1BTC=100万円の相場の時、レバレッジ設定10倍で、1BTC分の「買い(ロング)」ポジションを建てました。

その後、投資家の予想通りに相場が上昇し、1BTC=120万円となりました。この時、投資家はポジションを売却(決済)して、120万円-100万円=20万円の利益を確保しました。

この取引例では、投資家は口座残高(預け入れ証拠金)が10万円しかないにも関わらず、100万円分のBTCを取引しています。しかも、100万円分のBTCを転売した時と同じ金額の利益(20万円)を手にしているのです。

ここでは、元手10万円で利益20万円を確保したことになりますが、ビットコインの現物取引ではあり得ないお話ですね。設定レバレッジを10倍にしていたことで、これが可能になったのです。「レバレッジ効果」と言われるものです。

しかし、この「レバレッジ効果」は、取引の結果が損失となる際にも働きます。先の例では、投資家の思惑と外れて、相場が1BTC=80万円になってしまえば、10万円の口座残高(預け入れ証拠金)であったのにも関わらず、20万円の損失を被る(差額10万円は取引所に借金する)ことなってしまうのです。

利益にも損失にも、「レバレッジ効果」は機能することに注意してください。

為替fxとは違い24h365d取引ができボラティリティも大きい

もう一つ覚えておきたいのは、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)は、為替fx取引とは異なり、24時間365日トレードが可能であることです。

これは、サラリーマンや公務員などの効率の良い副業としても、ビットコインのレバレッジ取引は検討に値することを意味します。一般の為替fx取引では、平日の9時から17時までのトレードになりますので、サラリーマンや公務員は取引に参加し難いのが欠点です。

その上、ビットコイン相場は、FIAT(法定通貨)の相場よりも、遙かにボラティリティ(Volatility:一定期間の価格変動率)が大きいことが普通です。ビットコインの現物取引を経験されている投資家の方であれば、良い思いも悪い思いも、既にされてきたのではないでしょうか。

さらに、ビットコイン相場にレバレッジ取引で参加すれば、やり方次第とは言え、その設定レバレッジ倍率に加えて、大きなボラティリティが機能した資金効率を活かして利益が得られる可能性があることも確かです。

レバレッジ取引ができる国内ビットコイン取引所

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)ができる国内取引所について、参考ページを紹介しておきます。ビットコイン取引所も、それぞれの特徴・個性がありますので、自分に合ったところを選択することが大切ですね。

【ご参考】ビットコインfxならレバレッジ最大25倍?国内取引所を徹底比較!

ビットコイン(仮想通貨)投資でのレバレッジ取引は儲けやすい?

このように見てくると、レバレッジ取引(ビットコインfx)は、効率的に儲けやすいビットコイン(仮想通貨)投資のやり方に思えますね。果たして、レバレッジ取引は儲けやすいだけの投資のやり方なのでしょうか。

大きく儲ける投資家もいれば大きく負け込んでいる投資家も

どのような投資の世界でも共通ですが、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)においても、大きく儲けて「億り人」になるような投資家もいれば、大損害を被り相場から退場してゆく投資家もいます。

1日で一般サラリーマンの年収分を稼ぐ専業投資家もいれば、負け込んでマイホームを手放す羽目になるような投資家もいる世界です。他の投資と同様、ビットコインのレバレッジ取引も、誰でも無条件に儲けられる訳ではありません。

大きく負けて、相場から退場してゆく投資家の声は、なかなか世間には出回らないものです。どうしても、華々しく勝って大きな利益を上げている投資家のお話ばかりが、広く世に出やすくなります。これによって、レバレッジ取引は誰でも大きく儲けられるものと、余計に誤解されやすくなります。レバレッジ取引も、やり方次第です。

現物取引より儲けるチャンスも大きいがリスクも大きい

率直に言えば、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)は、チャンスとリスクがない交ぜの状態です。

上でも触れた「レバレッジ効果」ですが、小さな元手でも大きく賭けられるチャンスがあると言うことは、裏を返せば、小さな元手しかないのに大きな損害を被るリスクがある、という意味なのです。投資家の思惑とは反対方向に相場が動けば、必死に掻き集めた虎の子の投資資金など、見るも簡単に吹き飛んでしまいます。

レバレッジ取引は、JPY(日本円)でBTC(ビットコイン)やETH(イーセリアム)などの現物ビットコインを買い付けている訳ではありません。言葉を換えれば、レバレッジ取引とは、ビットコインの将来の相場予想(価格予想)を購入しているようなものなのです。

ビットコイン相場が投資家の意に反する方向に動いたら、ポジションをホールドして塩漬け状態にする、という現物取引で可能な対処法を採ることは不可能です。

なぜなら、各々のビットコイン取引所が定める「ロスカット」の仕組みにより、規定以上の含み損を抱えたポジションは、自動的に決済されてしまうからです。つまり、投資家の損失が強制的に確定されてしまう訳です(一定以上の損失を投資家に出させないための仕組み)

ロスカットの仕組みにより借金状態に陥ることは滅多にない

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)においては、投資家が大きな損失を被って、取引所に借金する結果となる可能性はゼロとは言い切れません。それでも、リスク管理のやり方を間違えなければ、投資家が借金を抱えるような大損害は基本的に回避できるものです。

そもそものお話、レバレッジ取引でなぜ投資家が大きな借金を作ってしまうのでしょうか。根本的な理由は、過大なレバレッジ倍率を設定してポジションを建てた際に、投資家の思惑とは逆方向に相場が大きく動いてしまうことがあるためです。

先にも触れましたが、設定するレバレッジ倍率を大きくする投資のやり方を採れば、投資家は小さな元手で大きな利益を期待することができます。反面、小さな元手にも関わらず、大きな損失を被るリスクも高まります。大きな利益と大きな損失は、正に表裏一体の関係です。

例えば、1BTC=100万円の際に、BTC相場の高騰を見込んで、10倍のレバレッジ設定で1BTC分の「買い(ロング)」ポジションを建てたとします。取引口座の残高(証拠金残高)は、10万円キッカリだとしましょう。

この状態で、相場が1BTC=80万円に下落して、ポジションがロスカットされてしまえば、投資家は20万円の損失を被ることになります。証拠金残高からは、10万円の不足となるのです。

言わずもがなですが、ビットコイン取引所は、不足の証拠金10万円を見逃してくれる訳もありません(取引所に10万円の借金をしている状態)。10万円程度の金額で済めばマシですが、これが数百万円、数千万円の借金ともなれば、並の個人投資家では手持ちのキャッシュだけでは支払いきれなくなることでしょう。

少々驚かせてしまいましたが、実際にはポジションの含み損がある程度膨らんだ段階で、上でも述べた「ロスカット」の仕組みが発動されることになります。

「ロスカット」とは、各取引所の規定に照らして、一定以上の含み損を抱えるポジションを強制的(自動的に)に決済してしまう仕組みです。投資家が致命的な損害を被ることを防ぐための、一種の「安全装置」だと看做せますね。

この「ロスカット」の仕組みが機能する以上、ビットコインのレバレッジ取引の結果、取引所に借金をしてしまうようなケースは、そうそう頻繁に起こることはなくなります。取引口座に預けてある金額(証拠金)以上の損失が生じることも稀だと言えます。

それでも、一瞬で相場が大きく動いた場合、取引所のサーバが出す「ロスカット」注文が間に合わず、大きな損失が生じる可能性が皆無とは誰も断言できないのです。レバレッジ取引に参加する投資家は、この点は常に頭の片隅に置いておくべきでしょう。

ビットコイン(仮想通貨)投資でのレバレッジ取引はポイントで使う?

ビットコイン(仮想通貨)の現物取引には慣れた投資家でも、レバレッジ取引(ビットコインfx)は怖いかな、と少々引き気味の方もいるかも知れませんね。それでも、ポイントを押さえたやり方でレバレッジ取引を使えば、ビットコイン取引で纏まった利益を得られる可能性は大きく高まると言えます。

ビットコイン投資では無理に毎日レバレッジ取引をする必要はない

レバレッジ取引(ビットコインfx)を始めたばかりの投資家にありがちなのは、取引対象のビットコイン(仮想通貨)の相場状況が良くないにも関わらず、毎日必ずトレードをしてしまう(ポジションを建ててしまう)ことですね。

例えば、上昇/下降のトレンドがハッキリ出ていないような相場局面でも、惰性でポジションを建ててしまう方が少なくありません。もちろん、毎日相場に接してトレードすることも、経験値を重ねるという意味であれば、必ずしも否定されるべきでないでしょう。

ところが、ビットコインの現物取引であれ、レバレッジ取引であれ、誰がどのようなやり方でトレードしても、簡単に儲けることができる相場局面が、1月に1~3回程度はあるものです。

このような局面のみトレードする(ポジションを建てる)やり方でも、十分に稼げるのがビットコインのレバレッジ取引だと言えます。

ビットコインの現物取引で、思ったように利益を上げられなかった投資家の方は、レバレッジ取引でも無理に毎日相場に参加せず、誰がどのようなやり方でトレードしても利益を得やすい局面を見極めることに意識を集中した方がベターです。

最も利益を得やすい相場局面の1つは、ビットコイン暴落時です。相場全体が明確な下降トレンドに入っている状況では、誰がどのようなやり方で「売り(ショート)」ポジションを建てても、レバレッジ取引では大きく稼げる可能性が高いものです。

レバレッジ取引で負け込む投資家に共通するやり方

実際問題、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)で負け込んでいる投資家には、以下のような、良くない意味で共通のやり方があるように感じられます。小さな利益を得ても、次の大きな負けで利益を大きく吹き飛ばしてしまうことが多いタイプの投資家も同様です。

まず、ビットコイン相場の状況(地合い)が良くないにも関わらず、惰性で無理にでもポジションを建てることです(トレード見送りも立派な決断です)。
次に、自分の経験値やスキルに見合わない大きな投資資金や、大きな設定レバレッジ倍率で取引を行っていることです(分不相応なトレード)。
もう一つ共通のやり方は、難しい相場局面にも関わらず、ポジションを大きく建てたり、設定レバレッジを大きくしたりしていることです(高難易度の相場局面での強気)。

このようなやり方でレバレッジ取引に参加している投資家は、常にポジションを持っていることが習慣化(中毒化?)してしまっている可能性が高いのですね。

大きな投資資金を投入したり、10倍、20倍などの大きなレバレッジ倍率を使ったりするのは、経験値やスキルが伴ってからでも全く遅くありません。そもそものお話、難しい相場局面で大きなリスクテイクをしてまで利益を狙いにゆくことは、プロの投資のやり方としてあり得ないのです。

ビットコイン投資でのレバレッジ取引の使い方

結論として、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)は、ビットコイン相場のトレンド(上昇/下降の方向性)が分かり易い局面(地合の良い相場局面)でのみ使えば良いのです。

上でも述べた、1月に1~3回ほど見られるビットコイン相場の明確な下降局面を狙って、「売り(ショート)」ポジションを建てるやり方だけでも、勝率は大きく高まり、レバレッジ取引の初心者でも、それなりの利益を確保することができるでしょう。

誰がどのようなやり方でトレードしても勝てる相場局面でこそ、レバレッジ取引の魅力を大いに活かすべきなのです。

ビットコイン相場の上昇トレンド/下降トレンドについては、実績を出している投資家のTwitterやBlogなどをチェックしているだけでも、おおよその状況は掴めます(相場のトレンド判断だけは、自信を持って自分で行えるようになるのが望ましいです)。

加えて、過大なレバレッジ倍率を設定するほど、相場の小さな動きでもポジションの含み損が大きく膨らむリスクが高まります。自分の経験値や資金力に見合ったレバレッジ倍率を設定するのも大切なことです。

ビットコイン投資におけるレバレッジ取引の初心者であれば、最初はレバレッジなし(1倍設定)でのデイトレードに慣れるやり方をオススメします。

【ご参考】ビットコインfxをレバレッジなし(1倍設定)でやることのメリットとは?

まとめ

今回の記事では、ビットコイン(仮想通貨)投資における効果的なレバレッジ投資(ビットコインfx)のやり方について、初心者目線で眺めてきました。

そもそも投資とは、誰かに利益を自慢するためにやるものではありません。自分の資産を継続して増やすための、長期にわたる孤独な戦いです。難しい相場局面で、大きなリスクを取って利益を狙いにゆくよりも、誰にも簡単な相場局面で確実に大きく利益を得ることこそが大切です。これが、中・長期の視点で見て、結果的に資金も増えてゆくレバレッジ投資のやり方なのです。

その上で、現在の自分の力量に見合った投資資金、設定レバレッジ倍率を使うことが肝要です。やり方のポイントをシッカリ押さえれば、レバレッジ投資は徒に(いたずらに)怖いものではないですし、他の投資よりも決して難しいものでもありません。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

仮想通貨投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA