ビットコインfxならレバレッジは最大25倍?倍率にだけ注目するのはNG?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

現物のビットコイン(仮想通貨)取引を経験し、ビットコインfx(仮想通貨のレバレッジ取引)にも興味が湧いてきた投資家の方ならば、最大レバレッジ倍率は何倍まで取引できるのか、最大レバレッジは大きければ大きいほど投資家に有利なのかなど、様々な疑問が浮かぶのではないでしょうか?

結論からすれば、国内のビットコイン取引所における設定可能レバレッジ倍率は最大25倍(取引所により異なる)であり、設定可能レバレッジ倍率が大きければ大きいほど投資家に有利であるとも限りません。寧ろ、不利に働くことも少なくないのです。

その根拠としては、金融商品取引法(金商法)により、個人投資家が設定可能な最大レバレッジ倍率は25倍までに制限されている実態です。また、設定する最大レバレッジ倍率が大きければ、投資家は小さな自己資金で大きな利益を得られるチャンスがある反面、小さな自己資金にも関わらず大きな損失を被るリスクが高まることも事実だからです。

例えば、設定レバレッジが25倍ということは、1BTC=100万円の相場の時に、1BTC分のロング(買い)ポジションを建てるためには、証拠金を最低でも4万円預け入れる必要があります。投資家の思惑通りBTC(ビットコイン)相場が上昇し、1BTC=120万円になった際にポジションを決済(転売)すれば、わずか4万円の投資資金で20万円(実質利益16万円)のキャッシュを手にすることができます。

反対に、投資家の思惑に反してBTC相場が下落し、1BTC=80万円になってしまったとすれば、結果は悲惨です。4万円の元手だったにも関わらず、20万円分の損失を被る結果になってしまうのですから。海外のビットコイン取引所の中には、設定可能な最大レバレッジ倍率が100倍などのところもあり、国内取引所の最大レバレッジ倍率25倍は見劣りすると感じる投資家もいるようですが、十分にハイリスク・ハイリターンの投資になるのですね。

この記事では、仮想通貨のレバレッジ取引(ビットコインfx)の実際と、最大レバレッジ倍率の考え方について、整理して具体的に解説してゆきます。

ビットコイン(仮想通貨)の取引方法は全部で4つある?

ビットコイン(仮想通貨)の取引方法ですが、基本的には4つです。BTC(ビットコイン)、ETH(イーセリアム)、XRP(リップル)などを購入・売却した経験がある方であれば、それは現物取引(スポット取引)になりますね。

現物取引(スポット取引)

ビットコイン(仮想通貨)も金(ゴールド)の相場などと同様、基本は現物取引です。ビットコインは実物資産の金のように物理的な形があるものではないですが、取引が成立した時点でビットコインの所有者が変更されます。

所有しているビットコインは、自分のウォレットに保管するも良し、買い物の支払いに充てるも良し、別種のビットコインに投資するも良しであり、使い途は所有者の裁量に任されます。

そして、現物取引であれば、いつまでビットコインを保有するのかは、所有権がある投資家の自由ですし、当然ながら自己資金の範囲内でのみビットコインを購入可能です。自ずと、設定可能な最大レバレッジ倍率などの概念は、現物取引には存在し得ないのですね。

fx取引(レバレッジ取引)

一般的には、fx取引と言えば、外国為替の証拠金取引を指すことが多いです。レバレッジ効果(投資家の自己資金よりも大きな金額の取引が可能)を用いた取引であり、現物ビットコイン(仮想通貨)の受け渡しはありません(投資家に所有権が移らない)。投資家から見て、取引の相手方は取引所となります(他の投資家ではない)

fx取引はレバレッジ取引の一種ですので、投資家は用意した資金(預け入れ証拠金)を上回る金額の取引が可能になります。fx取引の場合、取引に際して投資家が取引所から資金を借りる形ではなく、飽く迄も取引所の資金を使ってポジションを売買する形になります。

取引所から投資家が融資を受ける訳ではないので、返済期限はない(ポジションを保有する期間に制限はない)のですが、反対売買で決済しないと損益は確定しません。

また、ポジションを建てる取引開始時と、終了(決済)時の損益金額だけを取引所と投資家の口座間で遣り取りします(差金決済)。差金決済ですから、ビットコインの所有権が投資家に移る過程も存在しません。

信用取引(レバレッジ取引)

信用取引と言えば、世間一般では株式の信用取引を連想される方が多いです。投資家から見て、取引の相手方は他の相場参加者になります(取引所ではない)。

レバレッジ取引の一種ですので、投資家は自己資金よりも大きな金額の取引が可能ですが、取引開始に際しては、預け入れ証拠金を担保にして、取引所経由で他人から資金や株式・ビットコイン(仮想通貨)などを借用する形になります。

つまり、信用取引でビットコイン(仮想通貨)投資をする場合、投資家は融資を受けることになるので、言わずもがな返済期限が設けられることになりますが、返済期限になると自動的に再借入れとなって、取引継続できることが普通です(必ず反対売買でのポジション決済は義務づけられる)

こちらも、ビットコインの所有権が投資家に移る過程は存在しません。投資家が、「他人の資金を使わせてもらってビットコインのレバレッジ取引をする」という観点では、fx取引でも、信用取引でも同じだと言えます。設定可能な最大レバレッジ倍率は、取引所により異なる点も共通ですね。

先物取引(レバレッジ取引)

一般的には、日経225平均先物や、金(ゴールド)先物、原油先物などをイメージする方が多いでしょう。先物取引では、投資家から見て、取引の相手方は基本的に他の市場参加者です(例外的に取引所のケースあり)。先物取引とは、「予め定めた特定期日に、特定の商品を、特定の金額で買いますよ/売りますよ、」という約束の取り交わしに他なりません。

例えば、今の時点では十分な自己資金がないけれど、3か月後であれば資金が十分に用意できる投資家がいたとしましょう。そして、その投資家は、3か月後の金額で、今すぐにビットコイン(仮想通貨)先物を買いたい、と考えたとします。

もちろん、今の時点では資金不足であり、そのままでは買えません。このような場合、投資家は、「3か月後にBTC(ビットコイン)を○○円で買います、」という約束を取り交わした上でBTCを購入可能です。これが先物取引なのです。

3か月後にBTC相場が急騰したとしても、予め約束していた価格で購入できることになりますから、その差額分が投資家の利益となる仕組みです。逆に、相場が急落していれば、その差額分が投資家の損失となるのですね。

先物取引では、この特定期日のことを「限月」と呼んでいます。従って、限月が来れば取引は終了(自動的に決済)となります。それよりも長期間ポジションを保有したければ、改めて別の限月でポジションを建て直す他ありません。

限月が来る前に取引を終了(途中決済)させることも、もちろん可能です(一般的には途中決済が多い)。ビットコインの先物取引でも、投資家が設定できる最大レバレッジ倍率は、使用する取引所により異なります。

ビットコイン取引所ごとの最大レバレッジ倍率は?

レバレッジ取引の魅力は、投資家は手持ちの投資資金よりも大きな金額のビットコイン(仮想通貨)取引が可能になることです。上でも触れましたが、設定できる最大レバレッジ倍率は、使用するビットコイン取引所ごとに違ってきます。

ご参考までですが、国内の代表的な取引所での設定可能な最大レバレッジ倍率の例を3つほど見ておきましょう。

ビットコイン取引所名 レバレッジ取引の種別 設定可能最大レバレッジ倍率
Zaif fx取引、信用取引 25倍
bitFlyer fx取引、先物取引 15倍
DMMBitcoin fx取引 4倍

Zaif25倍というのは、国内ビットコイン取引所の中では、法定での最大設定可能レバレッジ倍率ですね。逆に、DMMBitcoinの4倍が最小のレバレッジ倍率になりますが、実はレバレッジ取引の旨味を活かす目的では、最大4倍までの設定でも十分なものです(実は海外取引所では、設定可能な最大レバレッジ倍率が2~3倍のところも少なくない)

【ご参考】ビットコインfxならレバレッジ最大25倍?国内取引所を徹底比較!

最大レバレッジ倍率を考える?ビットコインfxと一般fx(外国為替証拠金取引)・株式の信用取引とで比較してみる

設定可能最大レバレッジ倍率にだけ注目するのは無意味で、相場のボラティリティ(Volatility:価格変動率)も加味しないと、本当の意味での資金効率は分からないものです。

そこで、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)と、先にも触れた一般fx取引(外国為替の証拠金取引)、株式の信用取引とで比較検討してみましょう。

ビットコインfxと一般fxの最大レバレッジ倍率を比較

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)も、一般のfx取引(外国為替の証拠金取引)も、設定可能な最大レバレッジ倍率は25倍までと、「金融商品取引法(金商法)」により定められています。

それでは、最大の25倍など同一レバレッジ倍率を設定すれば、ビットコインfxも一般fxも、チャンス・リスクは同程度なのでしょうか。結論としては、「NO(否)」になります。以下、簡単な例を挙げてみます。仮定のお話ですので、実際とは異なることをご承知置きください。

ある投資家が銀(シルバー)と、ETH(イーセリアム)とを現時点の価格で各々100万円分ずつ購入したとしましょうか。銀は1年間で1割程度の価格変動
が見込まれ、他方のETHは1年間で6割程度の価格変動が見込まれているものとします。

この場合、銀の量が同一であれば、1年後の価格は90万~110万円のレンジに収まることになります。言葉を換えれば、損益は±10万円の範囲に収まると予想できます。翻って、ETHの1年後の価格は40万~160万円のレンジに収まることが予想されます。損益で見れば、±60万円の範疇となるでしょう。

銀とETHとに同じ金額を投資したとしても、ボラティリティが大きく異なるために、投資家が抱えるチャンス・リスクの大きさが全く異なることになる訳です。

このように、投資対象のボラティリティの大きさが異なると、仮に設定するレバレッジ倍率が同じであっても(上はレバレッジ倍率1倍の例)、許容すべきリスクの大きさが全く異なることが理解できますね。

ビットコインfxと一般fxの実質ボラティリティに注目しよう

ここで最大レバレッジ倍率を考える上で、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)の実質ボラティリティと、一般的なfx取引(外国為替の証拠金取引)の実質ボラティリティとを比べてみましょう。

仮定として、レバレッジ設定10倍でのBTC(ビットコイン)と、レバレッジ設定25倍(最大)での代表的な通貨ペアであるUSD/JPY(米ドル/日本円)とで比較してみます。

例えば、前出のbitFlyerの公式サイトによれば、BTCのボラティリティは、USD/JPYのおおよそ10倍ほどとされています。つまり、一定期間の価格変動率が双方は10倍も違う、という意味なのです。以下のような計算式に当て嵌めて考えると、一層分かり易いでしょう。

ビットコインfxでBTCを取引: 設定レバレッジ10倍×ボラティリティ10倍=実質ボラティリティ100倍

一般fxでUSD/JPYを取引: 設定レバレッジ25倍(最大)×ボラティリティ1倍=実質ボラティリティ25倍

このような感じですので、最大設定レバレッジ25倍で目一杯の一般fxよりも、設定レバレッジ10倍でのビットコインfxの方が、実質的なボラティリティでは4倍も大きいことが分かります。

仮に、設定可能な最大レバレッジ倍率が10倍のビットコイン取引所を使ったとしても、ビットコインfxなら十分過ぎるレバレッジ効果は得られる訳ですね。

もう一つ、設定可能な最大レバレッジ倍率が5倍のビットコイン取引所の例でも比較してみましょうか。

ビットコインfxでBTCを取引: 設定レバレッジ5倍(最大)×ボラティリティ10倍=実質ボラティリティ50倍

一般fxでUSD/JPYを取引: 設定レバレッジ25倍(最大)×ボラティリティ1倍=実質ボラティリティ25倍

最大設定レバレッジ倍率が例え僅か5倍と言えども、ビットコインfxの方がレバレッジ25倍で法定での制限目一杯で設定している一般fxよりも、なお2倍も実質ボラティリティが大きい、という結果になりました。

これで最大設定可能レバレッジ倍率が5倍のビットコイン取引所(例えばDMMBitcoin)を利用したとしても、レバレッジ効果の活用という面では、何ら問題ないことが十分お分かりいただけることでしょう。

ビットコインfxと株式信用取引でも実質ボラティリティを比較

念のため、ビットコインfx(仮想通貨のレバレッジ取引)と、株式の信用取引とでも、実質ボラティリティを比較しておきましょう。

株式相場で信用取引をする場合、設定可能レバレッジ倍率は最大でも3倍と法律で定められています。つまり、自己資金の最大3倍の金額まで株式銘柄を取引可能である、ということですね。

そして、株式相場のボラティリティですが、これは無数にある銘柄によって大きく異なります。一概に決めるのは難しいのですが、USD/JPY(米ドル/日本円)ペアのボラティリティのおおよそ5倍ほどである、と仮置きしてみましょう。

ビットコインfxでBTCを取引: 設定レバレッジ5倍(最大)×ボラティリティ10倍=実質ボラティリティ50倍

信用で株式銘柄を取引: 設定レバレッジ3倍(最大)×ボラティリティ5倍=実質ボラティリティ15倍

上でも触れた最大設定可能レバレッジ倍率が5倍と、小さめの取引所を使ってBTC(ビットコイン)をレバレッジ取引した場合と、最大設定可能レバレッジ倍率3倍で株式の信用取引を行った場合とで、実質ボラティリティを比較した結果がこれです。

株式の信用取引と比較してみても、ビットコインのレバレッジ取引(ビットコインfx)の実質的なボラティリティの大きさがよく分かる例ですね。

ビットコインfxの最大レバレッジ倍率と実質ボラティリティが意味するものとは?

ここまで見てくると、ビットコインfx(仮想通貨のレバレッジ取引)では、一般のfx取引(外国為替の証拠金取引)や株式の信用取引よりも、遙かに大きな実質ボラティリティを経験することになるな、と皆さんも痛感されることでしょう。

それでは、ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)の実質ボラティリティの大きさが意味しているものとは、いったい何でしょうか。これは、小さな自己資金で巨大な利益を得るチャンスがあるとこと同時に、小さな自己資金にも関わらず巨大な損失を被るリスクもあることをも意味しているのに他なりません。

一般のfx取引を経験している投資家の方にありがちなのですが、それまでと同じような相場感覚でビットコインfxの取引を始めてしまうと、レバレッジ取引が全く未経験の方以上に、しばしばいきなり大きな損失を抱えてしまったりします。

図らずも、参入早々に相場からの即刻退場を余儀なくされることになるのです。仮想通貨のレバレッジ取引(ビットコインfx)を行うに際しては、他のバレッジ取引の経験者であればこそ、一層慎重に資金管理を行う必要があるのですね。

【ご参考】ビットコイン投資で後悔しないレバレッジ取引のやり方とは?

【ご参考】ビットコインfxをレバレッジなし(1倍設定)でやることのメリットとは?

まとめ:取引所ごとの設定可能最大レバレッジ倍率に惑わされないこと!

この記事では、代表的な国内ビットコイン取引所での設定可能最大レバレッジ倍率の例の他、ビットコインfx(仮想通貨のレバレッジ取引)と一般fx取引(外国為替の証拠金取引)・株式の信用取引の実質的なボラティリティ(価格変動率)を比較して紹介しました。

ビットコイン(仮想通貨)のレバレッジ取引(ビットコインfx)を始めるに当たり、利用する取引所の設定可能な最大レバレッジ倍率をに気にされる方も少なくないですが、それはあまり意味がないことであるとご理解いただけたことでしょう。

寧ろ、レバレッジ取引のチャンスとリスクは、実質的なボラティリティ(一定期間の価格変動率)でこそ測れるものであり、その数字がひときわ大きくなる仮想通貨のレバレッジ取引(ビットコインfx)においては、細心の資金管理が求められることが痛感されましたね。

もっとも、レバレッジ取引における資金管理は、プロの専業投資家にとってさえ、「言うは易く、行うは難し」なのです。ビットコインfx(仮想通貨のレバレッジ取引)の初心者を自負する方であれば、最大レバレッジ倍率を設定しての取引など、ゆめゆめ考えてはならないのです。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

仮想通貨投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA