モナコインのマイニング(採掘)のやり方!半減期はいつ頃?

国内初の仮想通貨として注目を浴びているモナコイン。
2017年12月には一瞬2000円を超える値が付いたとして、仮想通貨フリークの間でも今注目の銘柄となっています。

モナコインが出始めた時は手に入れる手段として持ってる人からもらうか、自分で採掘するかの2択でしたが、今では多くの取引所でモナコインの取扱いが始まり、マイニングPCを持っていない人でもモナコインを手に入れることが可能となっています。

この記事ではモナコインのマイニング方法と、マイニング手順を読んでみたけど、自分では出来なそうだな、と思った人向けにモナコインの入手方法をお伝えしていきます。

モナコインのマイニング(採掘)のやり方は?

モナコインは取引所で購入する以外にもマイニング(採掘)という方法で入手することが可能です。

そこで今回は、モナコインのマイニング(採掘)の方法や、半減期について解説します。

モナコインのウォレットを作る

マイニングしたモナコインを受取るウォレットが必要になりますが、こちらは国内大手仮想通貨取引所ビットフライヤーで口座を開くことをオススメします。

口座を開設すると、ウォレットが使えるだけでなく、売買も可能になるからです。

大量のモナコインを保有したい場合には、セキュリティの面から見てモナコイン専用のウォレットを作る方が安全ですが、そうでない場合にはビットフライヤーのウォレットで十分です。

プールに登録する

集団でマイニングすることをプールマイニングと呼び、個人で行うマイニングはソロマイニングと呼ばれます。

プールマイニングに比べてソロマイニングはハイスペックなマシンが必要になるため、かなり厳しいマイニングになります。

試しにマイニングしてみたいなら、プールマイニングがオススメです。
プールマイニングに参加するためには、日本国内で有名なASICpoolというプールに登録をしておくと良いでしょう。

ASICpoolへの登録はこちらから
ASICpool

マイニングソフト(採掘ソフト)のインストール

マイニングには、CPUを使ったマイニングと、GPUを使ったマイニングがあります。

CPUとGPU簡単に説明すると、パソコン全体の頭脳に相当するのがCPUで、高度な演算処理を行うのがGPU…となります。

つまりGPUでマニングした方が効率良く採掘できるのですが、反面、初心者には少し難しいかもしれません。

マイニングソフトは色々ありますが、まず試しにやってみたい方は、CPUマイニングにチャレンジしてみましょう。

cpuminerというマイニングソフトをダウンロードして、PCにインストールします。

ダウンロードはこちらから
cpuminer

※注意点
2017年12月現在、モナコインをマイニングして獲得するのは非常に効率が悪くなっています。
採掘できる量が少なくなっており、マイニングPCの電気代のほうが高くなっており、赤字になってしまう可能性があります。

採掘が盛んだった時期と違い、現在だと取引所で購入することができるので、マイニングをこれからやろうと思っている方は取引所でモナコインを購入した方がオトクです。

関連リンク
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

batファイルの作成

インストールしたcpuminerのフォルダ内にbatファイルを作成します。

フォルダ内の空白部分を右クリック→「新規作成」をクリック→「テキストドキュメント」をクリック→ファイル名を「pool.bat」と入力します。

拡張子を表示している設定なら、警告が出ますが「はい」をクリックして下さい。
拡張子を表示しない設定ですと警告が表示されないので、拡張子を表示させる設定に変更しましょう。

「pool.bat」ファイルを作成できたら、ファイルを右クリック→「編集」をクリックします。

編集部分で…

cpuminer.exe -a lyra2rev2 -o stratum+tcp://vippool.net:8888 -u ユーザ名.ワーカー名 -p ワーカーパスワード

…のデータを入力します。

ユーザー名やワーカー名は、プールに登録したものを入力して下さい。

マイニングソフトの実行

準備がすべて整ったら、マイニングソフトを実行してみましょう。

あとはほったらかしにしておくだけでモナコインが溜まっていくはずです

※注意点
2017年12月現在、モナコインをマイニングして獲得するのは非常に効率が悪くなっています。
採掘できる量が少なくなっており、マイニングPCの電気代のほうが高くなっており、赤字になってしまう可能性があります。

採掘が盛んだった時期と違い、現在だと取引所で購入することができるので、マイニングをこれからやろうと思っている方は取引所でモナコインを購入した方がオトクです。

関連リンク
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

モナコインのチャートで見る今後(将来性)!購入できる取引所は?

モナコインの半減期はいつ頃?

モナコインは1,051,200ブロックごとにマイナーに支払われる報酬が半減するというルールがあり、これはおよそ3年に1回とされます。

一番最近のモナコインの半減期は2017年7月16日だったので、次の半減期は2020年頃とされます。

東京オリンピックと重なりそうですね。

日本でモナコインが買えるのは大手仮想通貨取引所ビットフライヤーです。

ビットフライヤーでは口座開設も口座維持費も無料なので、この機会に開設してみてはいかがでしょうか↓
(口座開設はカンタンです。)

>>ビットフライヤーの無料口座解説はこちら!↓<<

ビットフライヤー

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です