Zcashの購入方法(買い方)や取扱取引所!仕組みや使い道とは?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨Zcashを知りたい!

Zcashは2017年9月の後半から徐々に価格を上げ、9月27日には間近の高値に並ぶ勢いで価格が高騰しました。

このことが投資家の話題になり、Zcashは一気に注目を集めます。

価格高騰の原因は、韓国の大手仮想通貨取引所のBithumbがZcashを取り扱うというアナウンスが流れたためです。

Bithumbはビットコインの出来高(BTC/KRW)が多い取引所としても有名で、1位のBitfinex(BTC/USD)は不動の地位ですが、ビットコインの出来高2位3位争いをビットフライヤー(BTC/JPY)と日々繰り広げている状態です。

そこで今回は仮想通貨(アルトコイン)Zcashはどのようなコインなのか解説していきます。

仮想通貨Zcashの仕組みや使い道とは?

Zcashは、通貨単位ZEC発行上限枚数約2,100万ZEC・2017年10月3日時点で時価総額16位上位アルトコイン勢になり、価格も1ZEC=27,427円(244ドル)と高額になります。

発行上限枚数に達するとマイニングによるZcashは発行されず、その後のマイニング報酬は送金手数料などによって支払われます。

※マイニングとは、マイナーと呼ばれる人たちがコンピューターを使い送金作業などを行うことです。
それだけではただのボランティア作業になってしまうため“高度な計算を行い正しい答えに最も早くたどり着いた”マイナーには、Zcashで報酬と送金手数料が支払われます。
このため多くのマイナーが競い合ってマイニングをしているのです。

Zcashの特徴は、匿名性はある(保有者の個人情報は隠されている)ものの、透明性が高い(誰かわからないけどこれだけの数量を保有していて、どこに送金したのかといった)情報が丸見えなビットコインに対して、セキュリティを強化している点が挙げられます。

※BLOCKCHAINといったブロックチェーン関連のサイトを使うと、誰かの送金アドレスを知っていれば、そのアドレスの送金情報が丸見えになるのです。

セキュリティ強化の方法は「ゼロ知識認証」と呼ばれ、ブロックチェーン上に書き込まれる取引の内容自体までも暗号化してわからなくするものです。

※ビットコインの場合、ハッキングなどによる不正送金を防ぐため、どのウォレットからどのウォレットに送るのかといったデータを使い、そのトランザクション(送金取引)が本当に正しいものであるかを証明するのです。
このためどうしても情報の透明性が必要不可欠になります。

これにより、誰かの送金アドレスを知っていても、そのアドレスの送金情報はいっさい知ることができなくなります

もう少しわかりやすく説明すると、例えば災害時にあとるボランティア団体は仮想通貨で募金を集めるとします

ビットコインで募金を集めたならば、そのボランティア団体への送金に使った送金アドレスから、そのボランティア団体が募金として集めたビットコインのその後の送金先や送金日時まで詳細にわかります

つまりそのボランティア団体が、集めたビットコインをいつ・どこに送金したかがわかるのです。

そして、これがZcashの場合、募金として集めても、その後の募金の流れがわからなくなってしまいます

…こんな感じで分かって貰えたでしょうか?

Zcash(ジーキャッシュ)のチャートや半減期で見る今後(将来性)の予想!

Zcashを購入したい!取扱取引所は?

Zcashは特徴的な使い方ができる仮想通貨なので将来性が期待できますね

日本国内でZcashを購入するには、国内大手仮想通貨取引所のコインチェックで口座を開設する必要があります。

口座開設費、口座維持費は共に無料なので、この機会にぜひ口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

>>たった3分無料口座カンタン開設はこちら↓<<

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA