ビットフライヤーのコンビニ入金の方法や手数料は?銀行振込も解説!

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日7:00〜22:00LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • ビットフライヤーのコンビニ入金の方法・手数料を知りたい!
  • ビットフライヤーで銀行振込する方法を知りたい!
  • 土日に入金したいときはコンビニ入金と銀行振込のどっちがいいの?

この記事では、ビットフライヤー(bitFlyer)でコンビニ入金と銀行振込をするときの手順と手数料について解説します。

この記事を読むと、コンビニ入金および銀行振込するときの手順が分かり、土日に入金したいときはどちらを選択すべきかわかります。

ビットフライヤーにコンビニ入金する方法

ビットフライヤーでコンビニ入金する手順を解説します。


1. ビットフライヤーにログインし、左のメニューから「入出金」をクリックします。


2.入出金画面から、「クイック入金」をクリックします。

クイック入金とは、入金が即座に反映される入金方法のことで、コンビニ入金・インターネットバンキング・ペイジ―の3種類から選択できます。銀行振込とは違い、銀行営業時間外の土日や夜中であっても、10分程度でビットフライヤーの口座に入金が反映されるため、すぐにビットコインを購入したいときに便利です。


3.「コンビニから入金する」を選択します。


4.入金金額を入力し、「クイック入金額相当の資産は7日間制限されることについて同意しました」にチェックを入れ、「入金する」ボタンを押します。

クイック入金したお金で購入した仮想通貨は、7日間は他の取引所へ送付することができませんのでご注意ください。


5.手数料が加算された合計金額が表示されますので確認し、支払先のコンビニを選択します。


6.それぞれのコンビニの店頭設置端末の操作方法と、お客様番号・確認番号が表示されます。

7.コンビニに行き、各専用端末を操作します。

8.受付票を出力し、レジで現金を支払います。

9.支払い後10分程度でビットフライヤーから入金完了のメールが届きます。

ビットフライヤーのコンビニ入金における手数料と制限

ビットフライヤーへコンビニ入金するときにかかる手数料は、324円(税込)です。銀行振込の場合は、入金手数料はかかりませんので(銀行振込手数料は自己負担)、時間に余裕があるときは銀行振込を利用したほうがコストを抑えられるでしょう。

ビットフライヤーの手数料を安く抑える方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

参考記事
ビットフライヤーの手数料は高い?手数料を安く抑えるポイント4つ

なお、コンビニ入金は1回あたりの取扱金額が30万円以内となりますので、ご注意ください。

コンビニ入金できないときはお客様番号が正しいか確認する

コンビニ入金できないときは、コンビニの店頭設置端末に入力したお客様番号と受付番号が正しくない可能性があります。パソコンの画面を見て控えたお客様番号および受付番号と、コンビニの端末に入力した番号が違っていないか確認しましょう。

もしも、控えた番号とコンビニの端末に入力した番号が一致しているのにコンビニ入金できない場合は、メモしたときに書き間違えた可能性が高いでしょう。

ただ、お客様番号と受付番号をビットフライヤー上で再発行することはできないため、もう一度最初からコンビニ入金手続きをやり直す必要があります。

うまく手続きできなかったコンビニ入金は、入金しなければ自動的にキャンセルされますので、ビットフライヤーへの連絡は不要です。

ちなみに、ビットフライヤーのコンビニ入金手続きの中の、お支払い方法の選択画面で「メール送信」または「LINEへ送る」を選択すると、支払い内容をメールやLINEで確認できます。

お客様番号・確認番号を書き写す必要なく、スマホから受付番号を確認でき大変便利ですので、ぜひご活用ください。

アプリを使ってコンビニ入金をする方法

ビットフライヤーのアプリを使ってコンビニ入金する方法を解説します。
1.ビットフライヤーのアプリにログインし、左上の「メニューボタン」をタップします。
2.「入出金」をタップします。
3.「日本円」をタップします。
4.「入金」をタップします。
5.「コンビニから」をタップします。
6.入金する金額を入力し、コンビニ欄の「選択してください」をタップします。
7.入金するコンビニを選択します。
8.前の画面に戻りますので「次へ進む」をタップします。
9.それぞれのコンビニの端末操作方法が記載されていますので、ご確認ください。

なお、ローソンとミニストップ、セイコーマートはQRコードに対応しています。専用端末にお客様番号を打ち込むことなく、スマホに表示されたQRコードをかざすだけで受付票を出力できますので非常に便利です。

10.選択したコンビニに行き、専用端末を操作します。

11.受付票をレジに持っていき、現金で支払います。

12.10分程度でビットフライヤーから入金完了のメールが届きます。

ビットフライヤーに銀行振込で入金する方法

銀行振込でビットフライヤーに入金する手順をみてみましょう。


1. ビットフライヤーへログインし、左のメニューから「入出金」をクリックします。


2. 入出金画面から「日本円ご入金」をクリックします。


3. 振込先の銀行口座情報が表示されますので、ビットフライヤーに登録している銀行から振り込み手続きを行いましょう。

なお、振込先は「三井住友銀行」と「住信SBIネット銀行」のどちらか選ぶことができます。

三井住友銀行は、銀行営業時間内に入金作業を行っています。ですから、15時以降の入金は、翌銀行営業日の9時以降に入金処理が行われます。

住信SBIネット銀行の場合は、原則として土日でも入金作業を行っています。ただし毎月5・10日、週始め、祝日明け、月末等は、処理に時間がかかる場合があります。

自分が利用している銀行が住信SBIネット銀行の場合は、振込先を住信SBIネット銀行にすると、コンビニ入金を使わなくても入金が即時に反映され、かつ手数料が無料で振込できます。ですから、土日に振込手続きを行っても、すぐに入金が反映されます。

自分の利用している銀行が住信SBIネット銀行ではない場合、金融機関の銀行営業時間内でないと入金は反映されません。ですから、土日に振込を行うと、翌月曜日まで入金は反映されません。

なお、住信SBIネット銀行の場合は、振込名義人の前に5桁の数字を入力する必要がありますのでご注意ください。

まとめ

ここまでビットフライヤーのコンビニ入金および銀行振込の方法について解説しました。
ポイントは以下の3つです。

  • ビットフライヤーでコンビニ入金するときの手数料は324円
  • コンビニ入金できないときは、控えたお客様番号と受付番号を再確認する
  • コンビニ入金か住信SBIネット銀行で銀行振込(手数料無料)すれば、土日でも入金が反映される

ビットフライヤーを利用する際に、ぜひ参考にしてください。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

Writer01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA