Daedalus(ADAコインウォレット)の安全性や還元方法!スマホ版はいつ?

Daedalus(ADAコインウォレット)とは?

Daedalusとは、ダイダロスウォレットとも呼ばれるカルダノ(ADAコイン)を保管するスペースになります。

カルダノのICO(プレセール・トークンセールとも呼ばれます)に参加して、トークンを入手していた方はウォレットに還元しないと使用できません

そこで今回の記事では、Daedalus(ADAコインウォレット)の安全性、還元方法、スマホ版に関する情報を解説します。

DaedalusにADAコインを還元するには?

ダイダロスウォレットにADAを還元するには、まずはダイダロスウォレットをダウンロードします。

前回の「ダイダロス(ADAコインウォレット)の使い方(送金)やダウンロード方法」を参考にして下さい。

1.ダイダロスを起動→トップページ左上にある「A」に似たADAのアイコンをクリック→「ADA還元」「通常」というページが表示されます。

2.ページ右にある「証明書」の中をクリックして、自分がPC内に保管してある証明書の画像をアップロードします。

もしくは証明書を保存してあるフォルダを開くなどして、PDF形式の証明書を枠内にドロップします。

3.証明書をアップロードすると、ページ左の「還元キー」に還元キーが自動で入力されているはずです。

4.ページ下にある「パスワード」には、ウォレットを新規作成した時に自分で決めた7文字以上の「ウォレットパスワード」を入力します。

5.最後に下にある「Adaを還元」をクリックすると、ADAコインがダイダロスに還元されます。

Daedalusの安全性は?

ダイダロスはこれまで開発されてきたウォレットの中でもトップクラスのセキュリティ機能を備えていると言われています。

2017年10月時点ではまだADAのみの取り扱いですが、将来的にビットコインやイーサリアムクラシックなども保管できるようになれば、その高いセキュリティシステムが注目を集めることになるでしょう。

ダイダロスの特徴として、保護された「秘密鍵」が挙げられます。

これは暗号化していない秘密鍵を極めて短い間メモリに保存することで、ハッカーなどの攻撃を失敗させる可能性を秘めています。

さらにダイダロスには「階層的な決定論的保護」があり、簡単に言えばウォレットを安全に復元できるサービスも備わっているのです。

ダイダロスのウォレットの種類は「HDウォレット」になります。

HDウォレットは12個の暗号化された単語があれば、仮にダイダロスをインストールしたPCが壊れるなどしても、再度ダイダロスを新しいPCにインストールすれば、ADAの残高をそのまま引き継げるというサービスです。

Daedalusのスマホ版はいつ公開される?

公式サイトでもまだスマホ版の情報は公開されていません。

ネットに接続できるPCを自宅に持っていない方、つまりスマホしか持っていない方はダイダロスでADAに還元ができません。

ですが公式サイトでは、最終的にプレセール(ICO)参加者全員がADAを交換できるようにするとアナウンスしているので、スマホしか持っていない方はもう少し待ちましょう。

また、還元作業を行わないとプレセールで購入したADAのトークンが無くなってしまう、失効してしまう、といった心配はありませんので安心してください

ダイダロス(ADAコインウォレット)の使い方(送金)やダウンロード方法!

さいごに

ADAコインを無事にウォレットに還元できたら、日本円に換金したくなりますよね。

そのためには、Binance(バイナンス)でADAをビットコインに換金した後コインチェックなどの国内仮想通貨取引所にそのビットコインを送金して、日本国内の取引所でビットコインを日本円に換金します。

コインチェックバイナンス無料で口座開設できますので、これを機に開設してはいかがでしょうか↓

バイナンスは手数料が0.1%と安く、バイナンスの独自トークン「BNB」を所持しているとさらに半額の0.05%になるんです。

取り扱い銘柄も100種類近くあるので登録しておくことをおすすめします!

登録方法については下記記事を参考にしてください。

世界一の取引高「Binance(バイナンス)」の登録方法!おすすめな理由も紹介!

Binanceの登録はこちらから

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です