楽天でビットコインの取引はできない!ビットコイン決済も使えない!

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • 楽天でビットコインの取引や購入はできるのか?
  • 楽天でビットコイン決済が使えるのか?
  • 楽天でビットコイン決済が導入されるのか?

この記事では、楽天でビットコインを購入できたり、決済に使ったりできるのかを解説しています。
この記事を読むことで、楽天がビットコインを取り扱っているのか、また今後取り扱う可能性があるのかを知ることができます。

楽天でお買い物をしてビットフライヤーを通じてビットコインをもらう方法は、こちらで解説しています。

参考記事
楽天とビットフライヤー活用術!ビットコインと楽天ポイントをもらう

楽天でビットコインの取引や購入はできない!


楽天は国内最大規模の電子商取引事業を行なっている企業で、ECモール事業である「楽天市場」をはじめ、「楽天証券」や「楽天銀行」など各種オンライン事業を手掛けているIT企業です。
楽天といえば楽天市場を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。
楽天創業時、個人でも簡単にネットショップを開業できる楽天市場は瞬く間に大きな注目を浴び、楽天の規模を急速に拡大されました。

では結論をいいますと、楽天市場でビットコインの取引や購入をおこなうことはできません
なぜなら国内で仮想通貨と法定通貨との交換サービスをおこなうためには、仮想通貨交換業の登録が必須となるからです。
登録するためには金融庁の認可が必要で、現在認可を受けている事業所は16社だけしかありません。

楽天も仮想通貨交換業の認可を受けることはできるでしょうが、今から仮想通貨交換業に参入する可能性は低いと考えられます。
なぜなら金融庁は仮想通貨交換業者の度重なるハッキング被害によって被害拡大を防ぐために、すでに認可を受けている交換業者から優先して管理体制を是正することに注力しているからです。
これによって登録申請を待たされる事態となり、登録申請待ちの事業所は100社にのぼるといわれています。
これから認可を受けるとなると、時間がかかってしまうのは明らかで他社との競争に追いつけない可能性が出てきます

実際AbemaTVを運営しているサイバーエージェントは、認可に時間がかかることで他社との競争力が低下してしまうとして仮想通貨交換業の参入を取り下げています。
楽天も同様に、現段階では仮想通貨交換業には参入しないことが考えられます。

楽天グループでもビットコインの取引や購入はできない


楽天でもうひとつの強みといえるのは証券や銀行などの金融事業です。
楽天は創業時、ECモール事業が中心となっていましたが、現在ではネット証券やクレジットカード、決済サービスなどの手数料収入がグループ営業利益の過半数を占めているオンライン金融事業者でもあります。

金融事業に強みのある楽天グループですが、楽天銀行や楽天証券でも同様にビットコインの取引や購入をおこなうことはできません
これは先ほど述べたとおり、仮想通貨交換業の登録が必要だからです。

楽天は仮想通貨取引所を開設するという発表は現在はおこなっておりません。
よって楽天で直接ビットコインを取引するのは不可能ですが、間接的にビットコインを購入する方法はあります。
それは国内の仮想通貨取引所へ楽天銀行からクイック入金をすることで、取引所でビットコインを購入することができます。

クイック入金とは、提携している金融機関にインターネットバンキング口座を持っていれば、振込み手数料無料や高速入金などの恩恵を受けることができるサービスです。
クイック入金を活用することでスムーズにビットコインを購入することができます。

ビットコインを購入する際の楽天銀行の使い方や、ビットコインを買うときに楽天銀行を使用するメリット・デメリットなど、詳しくはこちらで解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

参考記事
ビットコインは楽天銀行で購入できる?楽天銀行を使ってBTCを買う方法

楽天証券とビットコインの関係、ビットコインの投資信託の取り扱いについてはこちらで解説しています。

参考記事
ビットコインは楽天証券で取引・購入できない!投資信託も買えない

楽天や楽天グループではビットコイン決済も使えない


先ほど楽天でビットコイン取引や購入はできないと述べましたが、ビットコイン決済も楽天では導入していません

これまでビットコインは低コストでどこからでも高速送金ができる通貨として、既存の決済システムを根本的に覆す可能性のある通貨として注目されてきました。
しかし、ビットコイン決済を導入している店舗やサービスは増えておらず、企業もあまり関心を持っていないのが現状です。

なぜかというと、企業はビットコインのボラティリティ(価格の変動性)を危険視しており、ビットコインを取り扱うことはリスキーだと感じているからです。

たとえばビットコインはボラティリティが非常に大きいため、顧客からビットコインで支払いをしてもらっても、ビットコイン価格の大きな下落によって翌日には利益が飛んでしまっていることにもなりかねないのです。

ECモール事業や金融事業が大きく占めている楽天とビットコイン決済の相性はとても良いのですが、価格が安定していないビットコインは利益を追求する企業として、取り扱うことは難しいのです。

楽天でビットコイン決済が導入される可能性あり


前の章では企業がビットコイン決済を受け付けることは難しいと述べましたが、実際にビットコイン決済を導入している企業もあります。
海外の有名な企業でいえば、MicrosoftやDellがありますし、国内でいえばDMM.comやヨドバシカメラがそれぞれ受け付けています。

そのなかで楽天はビットコインに興味を持っている企業のひとつであり、楽天の社長である三木谷浩史氏はビットコインへの関心も高いです。
この記事で三木谷氏は、ビットコインがグローバル通貨となる可能性が一番高いとし、ビットコインについて楽天で使えるようになるかの問いに対して、「考えてはいます。おそらく使う」と述べています。
しかし、小さいパーセンテージに留まるとも付け加えています。
あらゆる決済のプラットフォームを楽天で受け入れたいとも述べており、今後楽天でビットコイン決済の導入がされることも十分に考えられます。

楽天、独自の仮想通貨「楽天コイン」を発行

今年2月に楽天はブロックチェーン技術と既存の「楽天スーパーポイント」を組み合わせた楽天コインという独自通貨の構想を立てていると発表しています。
楽天コインは国境のないグローバルな通貨であるとし、小売業者と卸売業者の関係を再構築するという考えによって設計されるという。

まとめ

楽天でビットコインを購入することができるのか、楽天でビットコイン決済を受け付けているのか、また今後ビットコイン決済を導入するのかなどは分かりましたでしょうか。
改めておさらいすると以下になります。

  • 現在楽天でビットコインの取引や購入をすることはできない
  • 現在楽天グループでもビットコインの取引や購入はできない
  • 現在楽天でビットコイン決済はできない
  • 今後楽天がビットコイン決済を導入する可能性はある

ビットコイン価格が安定し優れた仮想通貨となれば、きっと楽天でもビットコインが利用されるようになるでしょう。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

writer03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA