草コイン【仮想通貨用語】

草コインとは

草コインとは
1,500種類以上あるアルトコインの中でも、まだ話題になっていない将来性が不安定な通貨のこと。
草コインと呼ばれる由来は諸説あるが、「草」とはネットスラングで「笑う」という意味であり、海外では「Shit Coin(クソコイン)」と呼ばれていることから「笑ってしまうほどにクソなコイン」というのが日本では「草コイン」と呼ばれるようになったと思われる。

草コインのメリット

草コインは一気に数倍以上の利益を得られることが大きなメリットである。それは基本的に草コインの中でも話題になっていない通貨は価格が1円未満で購入が可能であり、その通貨が話題になり取引所への上場を経ることで価格が数十倍にも暴騰するためである。

草コインのデメリット

しかし、草コイン購入後に開発が止まり、無価値になってしまう可能性があるというデメリットもある。無価値になってしまう状態が続くと、取引所がその仮想通貨の取り扱いをやめてしまう可能性がある。このようなリスクを避けるために、どの草コインを取引するのかを見分けるのが重要となってくる。

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA