ビットコインゴールドをもらえる取引所と配布(付与)条件まとめ!

ビットコインゴールドが欲しい!

2017年11月1日に行われるビットコインのハードフォークにより、ビットコインから新しくビットコインゴールドが分裂・発生します。

この発表があってから、一時期値を下げていたビットコインの価格が高騰し、1BTC=71万円の値をつけました。

それというのも、ビットコインゴールドに対応したウォレットか取引所にビットコインを持っていると、同量のビットコインゴールドが貰えるからです。

前回のハードフォークで分裂してできたビットコインキャッシュは公開直後から高値を付け、BCH/JPYでは1BCH=10万円の高値になったこともあり、無料でもらったビットコインキャッシュを売却して、相当な利益を上げた投資家が多かったのです。

このことから、ビットコインゴールドに対する期待感が高まり、ビットコインを購入する投資家が増えたのです。

さらに、海外取引所ビットレックスなどでは、ビットコインで買って保有していたアルトコインを、ビットコインに買い戻す事態が発生し、アルトコインは軒並み価格が暴落しています。

そこで今回は、ビットコインゴールドがもらえる取引所と配布(付与)条件をまとめました。

ビットコインゴールドをもらうには?

ビットコインゴールドはビットコインをただ持っているだけではもらえません

専用のウォレットを作っても良いのですが、そうすると、ビットコインゴールドが付与された後、売却できる取引所に送金しないといけません。

早めに送金しないとビットコインゴールドの価値が下がってしまい大きな利益が出ない可能性もありますし、焦って送金ミスをしたら取り返しがつきません。

このため、ビットコインゴールドが欲しいなら、初めから付与する可能性の高い取引所にビットコインを預けておく方法が一番です。

もらえる可能性のある取引所は?

日本国内でビットコインゴールドが貰える可能性のある取引所は、

1.ビットフライヤー
2.コインチェック
3.GMOコイン
4.BITPoint
5.BTCBOX

です。

ただし、ビットフライヤー以外は、すぐにもらえるとは限りませんし、もらえたとしても数日以上(あるいは数週間以上)間が空いてからの可能性もありますし、もらえない可能性もあります

ビットフライヤーでは、安全が確認され次第、ビットコインゴールドが付与され、売買サービスが提供されます。

安全が確認され次第、というのは、分裂後にビットコインゴールドのブロックチェーンが正常に稼働し、コインとして恒久的な存在になったことが確認され、なおかつ顧客の資産保護の面から見て問題ないとビットフライヤーが判断してから、ということになります。

前回のビットコインキャッシュでは、ビットフライヤーではすぐに配布され、売買も可能でしたから、今回も同社に期待ができます。

ビットコインゴールドを売却するつもりがないのであれば構いませんが、売却して利益を出したい場合、付与されただけでなく、売買できなければ意味がありません

ビットフライヤーの手数料や使い方まとめ!入金・出金方法も簡単!

配布(付与)条件は?

日本国内で最も安全に、なおかつ配布(付与)される可能性が高いのはビットフライヤーなので、こちらでの詳細な条件を記載します。

【条件】
ビットフライヤーの口座に、2017年10月25日21:00頃(予定)の時点でビットコインを保有していた場合、11月1日以降に同量のビットコインゴールドが配布される

これだけです。

つまり、10月25日の21時頃(予定)に1.2345BTCを保有していたら、11月1日以降に1.2345BCGが付与されるということです。

追記:24日の9:00~13:00頃に変更になりました!

 

ビットコインキャッシュとは?BTCチャートで見る新仮想通貨の未来!

 

さいごに

ビットコインゴールドが無料でもらえる可能性が最も高いビットフライヤーですが、今後も似たような事態が発生した場合に備え、まだ口座を開設していない方はこの機会に開設してはいかがでしょうか。

口座開設と口座維持は無料です。

>>無料口座開設はこちら↓<<

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です