ビットコインの購入単位は0.00000001BTCで約1円!最低購入単位を解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • ビットコインの最低購入単位は?
  • ビットコインの取引単位は何種類あるの?
  • 交換所ごとの最低購入単位を知りたい!

この記事では、ビットコインの購入単位について解説します。

この記事を読むと、ビットコインの最低購入単位や仮想通貨交換所ごとの最低購入単位がわかり、無駄のない効率的な取引を行うことができます。

ビットコインの最低購入単位は0.00000001BTCで1円から購入可能

ビットコインは、0.00000001BTCから購入できます。

0が多すぎて読みにくいと思いますが、1億分の1BTCのことで、小数点以下の0の数は7個です。

1BTC=70万円の場合、0.00000001BTCは0.007円となりますが、1円未満の取引はできないため、実質1円となります。なお、後述しますが、0.00000001BTCから購入できるのはビットフライヤー(bitFlyer)の販売所です。

ちなみに、この1億分の1BTCはビットコインの最小単位で、これ以上細かい単位は存在しません。開発者のNakamoto Satoshi氏の名前から由来したSatoshiという単位で表され、1Satoshi=0.00000001BTCとなります。

ビットコインの取引単位は4種類:BTC,mBIT,bits,satoshi

ビットコインの最低購入単位は0.00000001BTCで1円から購入できることはご理解いただけたと思います。

では、ビットコインの単位はどんな種類があるのでしょうか?

実は、ビットコインの取引単位はBTC・mBIT・bits・satoshi の4種類があります。それぞれの違いを、読み方・BTCで表したときの数量・分数だとどう表されるか、という点で以下の表にまとめました。

単位 読み方 数量(BTC) 分数(BTC)
BTC ビーティーシー/ビットコイン
mBIT ミリビットコイン 0.001 1000分の1
bits ビット 0.000001 100万分の1
satoshi サトシ 0.00000001 1億分の1

最もよく使われるのは、BTCです。

mBITは0.001BTC、1000分の1BTCの事で小数点以下の0は2つ。

bitsは0.000001BTCのことで、100万分の1BTC、小数点以下の0は5つです。

Satoshiは0.00000001BTC、1億分の1BTCのことで、小数点以下の0は7つ。ビットコインの最小単位となっており、これ以上細分化はできないようになっています。

身近な単位であるkgに置き換え1BTC=1kgとすると、1mBIT=1gで、1bits=1mg、1Satoshiは0.01mgです。水1リットル分の重さ(1kg)が1BTCとすると、1Satoshiは塩のひと粒分の重さよりも軽いとされており、Satoshiがどれだけ小さい単位かわかります。

取引所・販売所ごとの最低購入単位、最低取引単位一覧

ビットコインの取引単位はBTC・mBIT・bits・satoshi の4種類があることはご理解いただけたと思います。

では、各取引所・販売所において、ビットコインの購入できる最小単位は異なるのでしょうか?

取引所・販売所ごとの最低購入単位および最低取引単位を表にまとめました。

なお、最低購入単位とは「注文するときの最も小さい数量」のことで、最低取引単位とは「最低購入単位を満たした上で指定できる最小数」としています。

最小注文数量が小さい順 取引所名 最小注文数量(BTC) 最小注文数量の日本円相当額(1BTC=70万円) 最低取引単位(BTC)
1位 bitbank 0.0001 70円 0.0001
1位 bitpoint 0.0001 70円 0.00001
1位 SBIバーチャルカレンシーズ 0.0001 70円 0.0001
4位 ビットフライヤー 0.001 700円 0.00000001
4位 Zaif 0.001 700円 0.0001
6位 Coincheck 0.005 3,500円 0.00000001
8位 QUOINEX 0.01 7,000円 0.00000001
8位 みんなのビットコイン 0.01 7,000円 0.00001

取引所の中では、bitbankとbitpoint、SBIバーチャルカレンシーズが最も少ない0.0001BTCから注文できます。1BTC=70万円とすると、70円(手数料除く)から注文できます。

また、ビットフライヤーやコインチェック、QUOINEXでは、ビットコインの最も細かい単位である0.00000001BTC(1BTC=70万円の時、約0.007円)まで指定して取引が行えます。

続いて、販売所における最低購入単位と最低取引単位の一覧表です。

最小注文数量が小さい順 販売所名 最小注文数量(BTC) 最小注文数量の日本円相当額(1BTC=70万円) 最低取引単位(BTC)
1位 ビットフライヤー 0.00000001 1円(0.007円) 0.00000001
1位 GMOコイン 0.0001 70円 0.00000001
2位 Zaif 0.0001 70円 0.00000001
4位 DMMbitcoin 0.001 700円 0.001

販売所では、ビットフライヤーが最も少ない0.00000001BTC(1BTC=70万円のとき約0.007円)から注文することが可能で、すべての取引所・販売所において最も小さい数量で注文できます。

なお、ビットフライヤーとZaifでは、販売所と取引所が併設されていますので、取引の際にはご注意ください。

まとめ

ここまで、ビットコインの購入単位について解説しましたがいかがでしょうか?

まとめますと以下になります。

  • ビットコインの最低購入単位は0.00000001BTCで1円から購入可能
  • ビットコインの取引単位はBTC・mBIT・bits・satoshiの4種類
  • 最も少ない数量0.00000001BTCで注文できるのは、ビットフライヤーの販売所

ビットコインの最低購入単位を知り、無駄のない効率的な注文を行っていきましょう!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

Writer01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA