ザイフトークン【仮想通貨用語】

ザイフトークンとは

ザイフトークンとは
国内の仮想通貨取引所である「ザイフ(Zaif)」を運営しているテックビューロ株式会社が発行しているトークンの1つでる。トークンとは、ブロックチェーン(ネットワーク上のやりとり記録を皆で保管し、監視するシステム)上で発行した独自のコインのことである。

ザイフトークンの使い道

ザイフトークンは当初、「ザイフ(Zaif)」を運営しているテックビューロ株式会社で発行されていたが、2016年7月からZalf取引所で売買できるようになった。
ザイフトークンは、実ビジネスのブロッックチェーン技術導入を支援するプラットフォーム「COMSA」の独自のトークン「CMS」を購入する際に使う事ができる。

ザイフトークンの将来性

現在、ザイフトークンの使い道は「COMSA」の独自のトークン「CMS」を購入することだけだが、ザイフトークンは非常に将来性の高いトークンだと言える。なぜなら、ザイフトークンが盛り上がることによって、発行会社のテックビューロー株式会社の利益になるからである。またザイフトークンには、カリスマ性のある代表者がいると言われており、将来性に期待できる。

関連記事:ザイフ(Zaif)トークンとは?使い道や今後の可能性・将来性!
関連記事:ザイフ(Zaif)トークンのチャートや買い方を解説!発行量(枚数)は?

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA