オーガー(Augur)【仮想通貨用語】

オーガー(Augur)とは

オーガー(Augur)とは
未来予測市場のために作られたオープンプラットフォームである。オーガー(Augur)は未来に何が起こるのかを賭けるサービスを提供している。このサービスは誰でも参加である。
オーガー(Augur)という名称はプロジェクトのことで、通貨の名称は英語で評判を意味する「Raputation」と言い、REPと表す。

オーガー(Augur)の由来

オーガー(Augur)の名前の由来は、英語の「占い師(augur)」という意味からきている。
賭ける際は投票権を通貨で購入し、予想が的中した配当も通貨で獲得できる。

オーガー(Augur)の具体例

ロシアW杯を具体例をとすると
Aさんが「日本がロシアW杯でベスト8進出できるか」を知りたいとする。
そこで、AさんはAugurを使って「日本がロシアW杯でベスト8進出できるか」というイベントを作り、他のユーザーに「Yes or No」の投票をしてもらう。
日本がベスト8進出した際、「Yes」に投票したユーザーは報酬としてREPという仮想通貨を貰う。
「No」に投票したユーザーは結果を外したのでいくらかのREPが没収される。

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA