イーサリアムとイーサリアムクラシックの違いとは?

全ての始まりは2017年6月17日

イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラッシック(ETC)の違いについて説明するには、全ての始まりである2017年6月17日に遡る必要があります。

この日、仮想通貨業界に激震が走りました。

The DAO(ザ・ダオ)と呼ばれる仮想通貨がハッキングを受け、360万ETHが盗まれてしまったのです。
この事件は後に「DAO Attack」と呼ばれます。

その煽りを受け、イーサリアムも大きく値を下げる事態となりました。
それだけではありません。

この事件で仮想通貨そのものの安全性が疑問視されてしまったのです。

The DAOとは?

DAOとは「Decentralized automated organization」の略で、意味は分散型自律組織です。
DAOは通貨単位にもなります。

The DAOとは、DAOを実行するプロジェクトであり、仮想通貨名にもなります。

分散型自律組織とは、政府のようなひとつの管理下に置かれることなく、管理者がいない代わりに何もかもが決められたルール通りに動く組織になります。

The DAOはイーサリアムの契約機能を使います。

まずは資金としてイーサリアムを集め、そのイーサリアムを用いて自動で投資をして、収益が上がれば自動でリターンを分配する、などといった“何もかも自動でルール通り行う”機能を持つ仮想通貨なのです。

単なる貨幣価値以上の働きができるのは、イーサリアムの契約機能があってこそです。

「まるで投資ファンドみたい」

そう思う方もいるでしょう。
まさしくその通りです。

ただ、運営元もファンドマネージャーも存在しません。
The DAOに投資をした投資家たちが投票をして投資先や金額を決めていくのです。

このプロジェクトは多くの投資家たちを魅了しました。

The DAOは2016年5月にリリースされると、短期間で当時の日本円にして150億円もの資金を集めることに成功します。

日本の仮想通貨取引所のコインチェックでも、5月末には取り扱いを始めます。

そして2017年6月17日に「DAO Attack」が起きてしまいました。

盗まれたイーサリアムを奪還せよ

事件当日、集められた資金のうち、1/3もの大量のイーサリアムがハッカーのアドレスに送金されました。

The DAOのプログラムには致命的な欠点があり、ハッカーはそこを突いたのです。

The DAOに投資した投資家たちは混乱し、情報は入り乱れて飛び交い、The DAOの価値は下がり、巻き添えにイーサリアムの価値も下がり、仮想通貨全体の信用も大きく揺らぎます。

そして絶望的とも思える中で、たったひとつ希望が残りました。

その希望こそが「27日間は資金の移動ができない」というルールです。

つまりハッカーは盗んだイーサリアムを27日間はどうすることもできないのです。

関係者たちが集められ、話し合いの結果、The DAOは自らの消滅と引き換えに投資家たちの資金を取り戻す決断を下しました

この決断はハードフォークの実行で、ハードフォークとは新しいルールを適用する時にそれまでのルールを撤廃することです。
旧ルールと新ルールに互換性がなくなるので、旧ルールが一切適用されません。

ハードフォークを行うことで「DAO Attack」により発生した取引を消し去り、それによりハッカーは盗まれたイーサリアムを使うことができなくなり、結果、投資家たちの資金は守られました。

The DAOが遺したモノ

仮想通貨世界に華々しくデビューしたものの、「DAO Attack」では儚くも散ってしまったThe DAOですが、話はこれで終わりません。

The DAOが仮想通貨世界に遺したモノ…

それはThe DAOに参加したイーサリアム関係者の分裂です。

ハードフォークを行うことは仮想通貨の非中央集権的考えに反する事だと異議を唱えたイーサリアム関係者たちがいて、この人たちがイーサリアムクラシックを作ったのです。

ビットフライヤーでイーサリアムの買い方や手数料!空売りできる?

イーサリアムとイーサリアムクラシックの違いは?

ではこの2つの仮想通貨の違いは何でしょうか?

機能面では実はそう大した違いはありません。
ただ、トレードする側の目線で見ると、以下のような違いがあります。

イーサリアムは資金も人材も豊富にあり、王者ビットコインに唯一太刀打ちできる可能性があります。

一方、イーサリアムクラシックは資金も人材もイーサリアムほどではありませんが、安全性を重視しています。

ひとつ注意した点は、上記のように書くと、まるでイーサリアムの安全性が低いように思えますが、そんなことはありません。

時価総額2位という不動の地位にいるイーサリアムに、安全性の高さを売りにするイーサリアムクラシックがどこまで食いついていくのか、今後の展開が楽しみであると言えます。

ビットコインとイーサリアムの違いや特徴を徹底比較!


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です