メイカー(Maker)【仮想通貨用語】

メイカー(Maker)とは

メイカー(Maker)とは
2017年に公開された略号がMKRの仮想通貨である。メイカー(Maker)は自分以外の仮想通貨の価格を安定させ、その価値を証明するために生み出された独特のコインである。具体的には、アルトコイン「ダイ(DAI)」と関係していて、その価格を調整することがメイカー(Maker)の役目である。ダイ(DAI)とは、価格が1米ドルになるように設計されたアルトコインである。

メイカー(Maker)の特徴

メイカー(Maker)はユーティリティトークンとしての役割があるという特徴がある。ユーティリティトークンとは、利用価値のある独自のコインという意味である。ユーティリティトークンとしては、メイカー(Maker)はCDP(従業員個々のキャリアまたは能力開発の長期的な計画)で発生した料金を支払うために必要である。

メイカー(Maker)の将来性

メイカー(Maker)は将来的に、連携する仮想通貨DAIの価値を高めることに期待されている。メイカー(Maker)と合わさって生まれるその安定性が認知されれば、DAIは有名通貨にも負けない通貨となるだろう。

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA