ビットコインと楽天ポイントの違いと関係!楽天の利用でBTCもらう方法

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!
    ■この記事でわかること

  • ビットコインと楽天ポイントの違いは?
  • ビットコインと楽天ポイントの関係は?
  • 楽天で買い物をして、ビットコインと楽天ポイントをもらう方法は?

この記事では、ビットコインと楽天ポイントの違いや関係を解説しています。
この記事を読むことで、ビットコインと楽天ポイントとはどういったものなのか、ビットコインと楽天ポイントの関係性を知ることができます。

あわせて楽天で買い物をした時に、ビットコインと楽天ポイントをもらう方法をご紹介いたします。

ビットコインと楽天ポイントの違い:仮想通貨かポイントサービスか


ビットコインも楽天ポイントも、同じインターネットで利用できるお金という認識をしている方が多いのではないかと思います。
ところが、この2つは実際は全く違う性質を持ったものといえます。

ビットコインは、国が保証している日本円やアメリカドルと同じく「通貨」として扱うことができます
低コストで世界中の誰もがスマホ1台あれば、決済や送金ができます。

楽天ポイントは、楽天が提供しているポイントサービスです。
楽天ポイントは、国が保証しているのではなく楽天という企業が保証しているので、「通貨」として扱うことができません
よって楽天ポイントはビットコインと違い、楽天のサービス内でしか利用することはできません。

さらに詳しくみていきましょう。

入手方法(発行方法)

ビットコインを入手する方法の一つとして、採掘(マイニング)があります。
ビットコインには、ネットワークの貢献者に対して支払われる報酬システムがあり、その対価としてビットコインを受け取ることができます。
また取引所などを利用することで、すでに持っている人から手に入れることもできます。
たとえば日本円やアメリカドルでビットコインを買ったり、何らかの商品を提供する対価としてビットコインを受け取ることができます。

対して楽天ポイントは、楽天という企業が発行することになります。
たとえば楽天市場で買い物をしたり、楽天カードを利用することで楽天ポイントを受け取ることができます。
ただ楽天ポイントは、日本円やアメリカドルから購入したり、楽天ポイントをすでに持っている人から受け取ったりと他人に譲渡することができません。

それぞれの価値の保証

ビットコインの場合、価値を裏づけるようなものはありません
では、なぜビットコインに価値が付くのかというと、相手方が決済のときにビットコインを受け取り、さらに違う人にビットコインで支払いに利用できることが信用につながっているからです。
多くの人がビットコインを受け取るようになり、ビットコインが利用できる範囲が拡大されていくことでビットコインが流通するようになります。
ビットコインの信用は、ビットコインを受け取ってくれる相手方が居続けることで成り立っています

対して楽天ポイントは、楽天という企業が保証していることになります。
楽天ポイントだけでなくポイントサービスというのは、簡単にいうと各企業が発行している負債です。
消費者がポイントを利用するとサービスは割引されることになりますが、その割引分は企業が負担することになります。
この負債を楽天が返済してくれるという信用が、楽天ポイントの価値になります。
楽天ポイントの信用は、楽天の履行能力によって成り立っています

もちろん楽天が倒産すると、楽天ポイントという名の負債は返済できなくなり価値はゼロになります。

ビットコインと楽天ポイントの関係


楽天ポイントは、楽天グループの横のつながりを強め「楽天経済圏」を構築するための重要な要素でありました。
楽天ポイントによって、それぞれのサービスが相互に作用し利用範囲の拡大へとつながりました

携帯電話事業への参入を発表している楽天ですが、更なる経済圏の拡大を図るために考えているのが「楽天コイン」です。
楽天コインは、ビットコインの中核の技術である「ブロックチェーン」と楽天のポイントサービス「楽天スーパーポイント」を組み合わせた楽天独自の仮想通貨です。
楽天はこの楽天コインによって、楽天グループの国内外のサービスで利用できるポイントの共通化を図ろうとしています。

現在、国内でのシェアを獲得している楽天ですが、海外展開にはとても苦戦しています。
2016年にはイギリス、スペイン、オーストリアのインターネット通販サイトの事業を撤退。
東南アジアでも、インドネシアやシンガポールの通販サイトを閉鎖し、個人がインターネット上で開けるフリーマーケット事業へ転換しています。

出典:2017年版「ジェトロ世界貿易投資報告」総論編(ポイント)|日本貿易振興機構

楽天の数々の撤退は業界最大手のAmazonの存在が大きいといえるでしょう。
日本貿易振興機構(JETRO)が2017年7月31日に公表した「ジェトロ世界貿易投資報告」によると、国内のEC事業でのシェアは1位がAmazonの20.2%、2位が楽天の20.1%と僅差でありました。
しかし世界でみてみると、Amazonはアメリカで33.0%、イギリスで26.5%、ドイツで40%と大きなシェアを獲得しています。

業界最大手のAmazonに対抗するためにも、楽天独自の経済圏を拡大し利便性を高めようという構想です。

また楽天の創業者である三木谷浩史氏はビットコインにも関心を持っています。
この記事では、楽天の三木谷浩史氏とPaypalの創業者であるピーター・ティール氏がトークセッションをおこなっており、三木谷氏は「楽天でビットコイン決済を導入することは考えている」と述べています。
楽天は決済手段を選ばないようにプラットフォームになりたいとし、ビットコイン決済を導入する予定はあるかという問いに対し、「考えてはいます、おそらく使う」と述べています。しかし、小さいパーセンテージに留まるとも付け加えています。

少なくとも楽天は、ビットコインに関心を示しているといえるでしょう。
国内の仮想通貨取引所ビットフライヤーでは、「ビットコインをもらう」というサービスを通じて、楽天市場で買い物することでビットコインをもらうことができます。
こういった小さなところからでも少しずつ、ビットコインを活用できるところを探っているのではないかと思います。

ビットコインと楽天ポイントを楽天で買物してもらう方法


実は楽天で買い物をすることで、楽天ポイントとビットコインを無料でもらえるお得な方法があります。

手順としては、

  1. ビットフライヤーにある「ビットコインをもらう」から楽天市場のリンクを踏み
  2. 楽天市場の決済の際に「楽天カード」というクレジットカードで決済
  3. する方法です。

これによって、

  • 購入金額の0.6%のビットコイン
  • 購入金額の3%の楽天ポイント

を受け取ることができます。

たとえば、1万円の買い物で、ビットコイン60円分と楽天ポイント300ポイントを受け取ることができます。
※楽天ポイントは1ポイント=1円

楽天で買い物をする場合、最もお得に楽天ポイントとビットコインをもらう方法についてはこちらの記事で詳しく解説していますので参考にしてくださいね。

参考記事
楽天とビットフライヤー活用術!ビットコインと楽天ポイントをもらう

まとめ

ビットコインと楽天ポイントの違いや関係、楽天で楽天ポイントとビットコインをお得にもらう方法は分かりましたでしょうか。
改めておさらいすると以下になります。

  • ビットコインは仮想通貨であり、楽天ポイントはポイントサービスである
  • 楽天はビットコインと楽天ポイントによって独自の経済圏を構築していく
  • 楽天で買い物をする場合、最もお得に楽天ポイントとビットコインをもらう方法は、ビットフライヤーの「ビットコインをもらう」を通し、楽天市場でクレジットカード決済をする

仮想通貨業界に大きな影響を与えることが見込まれる楽天の、今後の動向も注目しておきましょう。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

writer03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA