ビットバンクトレードとは?特徴、使い方・取引のやり方を徹底解説!

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • ビットバンクトレードの口座開設方法
  • ビットバンクトレードが追証不要であること
  • ビットバンクトレードのトレードのやり方

この記事では、ビットバンクトレードについて解説します。
この記事を読むことで、ビットバンクトレードの口座開設方法、トレード開始するための手続きなどビットバンクトレードの特徴や使い方が理解できます。

ビットバンクの登録方法については、こちらの記事で解説しています。

参考記事
ビットバンクの登録方法!できない時の対応や必要時間,変更方法も解説

ビットバンクトレードとは、ビットコインFXができる取引所

ビットバンクトレードは、ビットコインFXが可能な24時間365日稼働している仮想通貨取引所です。
FXとはフューチャーエクスチェンジの略で、ビットコインの先物取引です。

買い建てと売り建ての両方が可能なので、上昇中のみならず下落相場でも利益を出すことができます。
ビットコインのFXが可能な取引所は他にもありますが、その中でもビットバンクトレードは「追証なし」、「本人確認不要で入金と取引可能」、という2点において、評判を集めています。
この章では、以下のビットバンクトレードの特徴について解説しています。

  1. ビットバンクトレードは追証がない
  2. ビットバンクトレードは本人確認なしで取引可能
  3. ビットバンクとビットバンクトレードの違い

ビットバンクトレードの取引条件は「取引条件:手数料・証拠金・取引単位・レバレッジ・ロスカット」で詳しく書いてありますので、参考にしてくださいね。

ビットバンクトレードは追証なし

通常、FX取引では、損失が一定以上拡大すると強制ロスカットされた上に「追証」といって不足した金額を入金しなければなりませんでした。
ところが、ビットバンクトレードでは、「キャピタルゲイン手数料」というシステムを採用しているので、追証が一切発生しないのです。

キャピタルゲイン手数料とは、利益の0.2%を手数料として自動的に徴収する仕組みです。
損失が出た場合は手数料がゼロで、利益が出た際のみ徴収されるのでユーザーの負担感がありません。
このシステムは、ビットバンクトレード独自のもので、追証に不安があるユーザーから好評を得ています。

ビットバンクトレードは本人確認なしで取引可能

ビットバンクトレードが人気のもう1つの理由は、「本人確認書類」の提出なしで取引が可能な点です。

通常、仮想通貨取引所に登録をすると、本人確認書類を提出しなければならないので、最低でも1週間ほど取引ができませんが、ビットバンクトレードであれば、たった2分で取引をスタートすることができるのです。

ビットバンクとビットバンクトレードの違い

ビットバンクトレードとよく似た名前で「ビットバンク」という取引所がありますが、この両者は同じ会社が経営する兄弟的な存在の取引所です。

その差は、FXに特化しているかどうかです。
ビットバンクは、仮想通貨と日本円のペアで取引をする板形式の取引所です。
それに対してビットバンクットレードは、ビットコインとアメリカドルのペアで取引します。
ビットバンクトレードは「ビットコイン/USDのFX取引だけ」と覚えておきましょう。

ビットバンクトレードの口座開設と設定、証拠金入金の方法

ビットバンクトレードの特徴は理解いただけましたか?
続いて、ビットバンクトレードで、トレードをスタートするまでの手順を解説します。
この章では、以下の内容を解説します。

  1. ビットバンクトレードの口座開設方法
  2. ビットバンクトレードの設定方法
  3. ビットバンクトレードの証拠金入金の方法

口座開設の方法

ビットバンクの口座を開設方法はたったの3ステップで非常に簡単です。
用意するものはメールアドレスとパスワードだけです。

まずは公式サイトで、メールアドレスを登録します。

すると、メールが届くので、URLをクリックしましょう。


ジャンプした先で再度、「取引用のパスワード」を設定すれば口座開設は完了です。

設定方法

口座開設が完了したら、取引開始のために設定を行います。

基本的には、メールアドレスを登録した状態でも取引は可能ですが、500BTC以上を出金したい場合は本人確認が必要です。
また、ハッキングリスク軽減のために2段階認証を設定することをおすすめします。

本人確認をしてアカウントクラスを上げる

現段階でも取引は可能ですが、各種情報を登録することで500BTCまでの出金が可能になります。

メールアドレスのみが登録されている現状では、取引は無制限に可能ですが、ビットコインの出金が毎日10万円ずつに制限されています。
それ以上のビットコインを出金したい場合は、アカウントクラスをL0からL3にグレードアップさせる必要があります。

アカウントクラスを上げるためには、まず口座情報の「詳細」にアクセスします。


兄弟取引所のビットバンクのサイトにジャンプしますので、設定画面から「アカウント連携」を選択し、コードをコピーして貼り付けてください。

ビットバンクにアカウントを開設していない場合は、新規で開設する必要があります。
ビットバンクトレードはビットコインのみしか入金できませんので、ビットコインを持っていない場合は、ビットバンクで口座を開設して、購入すると良いでしょう。

2段階認証

2段階認証を設定することで、万が一パスワードが流出しても第三者によるBTC出金を防ぐことができます。
2段階認証の設定はこちらから行います。


2段階認証に必要なアプリを、スマートフォンでダウンロードしてQRコードを読み取り画面に表示された6桁の数字を入力するだけで完了です。
ビットバンクトレードの2段階認証の設定が完了したら、ビットコインを出金しようとするたびに、あなたのスマートフォンでコードを確認する必要があるので、第三者による出金は不可能になります。

証拠金入金の方法

次は、ビットバンクトレードで、トレードを開始するための証拠金を入金しましょう。
ビットバンクトレードでは、日本円の入金は不可能で「ビットコインのみ」入金可能です。
まずはトップ画面から入出金画面にアクセスします。


入金を選択すると、入金アドレスが表示されます。


アドレスをコピーするかスマートフォンでQRコードを撮影して、他の取引所やウォレットから送金しましょう。
BTC送金は1時間弱で完了します。

送金が完了したら、「口座間振替」を行いましょう。
先ほど送金したビットコインを、FX口座に移動する手続きです。
トレード画面に口座間振替がありますので、移動したい量を入力して振替てください。

ビットバンクトレードでのトレードのやり方、画面の見方

ビットバンクトレードでトレードをスタートする方法は、ご理解いただけましたか?
入金が完了したら早速トレードを開始しましょう。
この章では、以下の内容を解説しています。

  1. ビットバンクトレードのトレードのやり方
  2. ビットバンクトレードの画面の見方

トレードのやり方

トレードをやる手順は以下の通りです。

  1. まず、「トレード」をクリックします

  2. ビットコインFXには取引期限が異なる3つの商品(今週物・来週物・四半期物)がありますので、「いつまで保有するか」を考えて好きな商品を選んでください

  3. 次は、右の「売買板」を確認して、「いくら」で「何枚」買うかを決定します。
  4. 表示はドル形式なので、6377と書いてあったら、1ビットコインが6377ドルということです。

  5. 購入枚数と金額が決定したら入力して、「新規買注文」をクリックします。
  6. 空売り(ショート)をしたい場合は「新規売注文」をクリックしましょう。

    あなたが「これから上昇する」と思ったら「買い」ですし、「これから下落する」と考えれば「売り」を選択します。
    買いのリスクヘッジで「売り」もしくは、売りのリスクヘッジで「買い」も同時に行うトレーダーも少なくありません。

    画面の見方

    次に、トレード画面の見方を解説します。


    画面に沿って説明します。
    ①注文画面
    購入金額や枚数を入力します。

    ②売買板
    売買板は現在の売買注文がわかる「売買板」と呼ばれるものです。
    あなたや他のユーザーが入力している注文が一覧になっています。

    ③ポジション状況
    現在のポジション状況が記載されています。
    利益がでているのか、マイナスになっているのかも表示されていますので、ココとを見て損益を確認しましょう。
    さらにくわしい売買についての情報を知りたい場合は「情報タブ」をクリックします。


    板情報では、売り20、買い20の注文を見ることができるので、トレードの際の参考にしましょう。
    約出来は過去の注文成立履歴を確認できます。

    ビットバンクトレードのチャートの見方と使い方

    ビットバンクトレードのトレード方法や画面の見方をマスターしたら、トレードに欠かせないチャートの見方と使い方を確認しましょう。
    この章では、ロウソク足と出来高の見方を解説します。

    1. ロウソク足の時間軸の決め方
    2. ロウソク足の解説
    3. 出来高の確認方法

    ロウソク足の時間を決める

    ビットコインのチャートを見るときは、基準となる時間を最初に選択しましょう。
    時間はここで選択します。

    超短期トレードの場合は1分・3分を参考にすると良いでしょう。
    デイトレード、スイングトレードの場合は5分以上を参考にしてみましょう。

    ロウソク足とは

    チャートの基本は「ロウソク足」です。

    ロウソク足とは、その時間の「始値」「終値」「高値」「安値」を一度に知ることができる、古来から日本で愛用されていたグラフの一種です。

    先ほど設定した時間の値動きが、1本のロウソクの中に記録されています。
    ロウソク足は2種類に色分けされています。

    ビットバンクトレードのチャートは、緑色が「陽線」で緑色が「陰線」です。

    陽線とは、「基準時間の始値よりも基準時間の終値が高い場合」。
    陰線は、「基準時間の始値よりも基準時間の終値が低い場合」です。

    ロウソクの本体の上下に線がありますが、これを「ヒゲ」といいます。
    ヒゲの一番上と一番下が高値と安値です。

    出来高

    チャートを見る際に、値動きとともに確認すべきなのは「出来高」です。
    チャートの下に出来高が表示されています。

    グラフが長ければ出来高が多く、短ければ出来高が少ないことを表しています。

    取引条件:手数料・証拠金・取引単位・レバレッジ・ロスカット

    チャートの基本的な見方はご理解いただけましたか?
    次はビットバンクトレードのトレードの詳しい取引条件を説明します。
    以下の順番でビットバンクトレードの、取引の条件を解説していきます。

    1. 取引条件概要
    2. 取り扱い商品・取引期限について
    3. 取引単位
    4. 取引手数料
    5. レバレッジ
    6. ロスカット

    取引条件概要

    ビットバンクトレードの取引条件はこちらです。

     取引可能時間  最大レバレッジ  スマホ対応  取り扱いペア  ロスカット  手数料
     24時間365日  20倍  スマホトレード可能  BTC/USD  維持率20%以下で強制決済 新規 0.01%/利益に対して0.2%

    取り扱い商品・取引期限(限月)

    ビットバンクトレードの取り扱い商品はBTCFX(ビットコインエフエックス)のみです。

    ビットコインとアメリカドルで取引をします。
    取引期限は、今週もの、来週もの、再来週ものの3種類です。
    種類によって決済期限が決められており、期限を過ぎると強制決済されてしまいますので注意しましょう。

    • 今週もの
      今週ものとは、今週の金曜日17時までに決済しなければならない商品です。
    • 来週もの
      来週ものとは来週の金曜日17時までに決済しなければならない商品です。
    • 再来週もの
      再来週ものは2週間後の金曜日17時までに決済しなければならない商品です。

    取引単位

    ビットバンクトレードの取引単位は、1枚です。
    ビットバンクトレードの1枚はビットコイン1枚ではなく、ビットバンクトレード専用の1単位なので、注意しましょう。
    ビットバンクトレードの1枚は、100USD相当の商品なので、1枚は1万円強となります。

    取引手数料

    ビットバンクトレードの取引手数料は、新規にポジションを作った時に0.01%発生します。
    計算式は以下になります。

    枚数×約定価格×手数料率(0.01%)=手数料

    具体例で計算してみましょう。
    10枚を300ドルで新規買い建てした場合は、約3ドルが手数料になります。
    10枚×300ドル×0.01%=3ドル

    1ビットコインが6000ドルの場合は、0.0005BTCが手数料となります。

    レバレッジ

    ビットバンクトレードは、最大20倍のレバレッジをかけることができます。
    1万円分のビットコインを入金すると20万円相当のビットコインを取引できるということです。
    ビットバンクトレードで、レバレッジを設定する場合も通常の取引と同様に、注文画面に購入数量を入力するだけです。

    ロスカット

    ビットバンクトレードでは、証拠金の維持率が20%を下回るとロスカットといって、ポジションを強制的に解消されてしまいます。

    ロスカットが執行される前にメールで通知が来ますので、メールをきちんとチェックしておけば強制決済される前に入金するもしくは、決済することで対処できます。
    通常、ロスカットしても証拠金が足りない場合は「追証」といって追加で入金しなければなりませんが、ビットバンクトレードは、追証不要のシステムを採用していますので、追証の心配はありません。

    まとめ

    ビットバンクトレードの特徴や使い方をご理解いただけましたでしょうか?
    ポイントをおさらいすると、以下の内容になります。

    • ビットバンクトレードの口座開設は本人確認不要
    • ビットバンクトレードは追証不要
    • ビットバンクトレードはビットコインのみ入金可能

    ビットコインFXをこれからスタートしたいと考えている方は、ぜひ口座を開設してみましょう。

    7月の注目ICO!

    公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
    「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

    Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

writer08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA