ビットフライヤーライトニングの使い方と見方!取引方法・条件も解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • ビットフライヤーライトニングの取引方法・画面の見方
  • ビットフライヤーライトニングのメリット・デメリット
  • ビットフライヤーライトニングを利用するときの注意点

この記事では、ビットフライヤーライトニングの使い方と、画面の見方について画像付きで詳しく解説します。

この記事を読むとビットフライヤーライトニングの設定項目や取引手順、メリット・デメリットについて把握でき、すぐにライトニングを始めることができます。

なお、ビットフライヤーライトニングのアプリの使い方はこちらで紹介しています。

参考記事
ビットフライヤーアプリでFXをやる!ライトニングの使い方を解説

ビットフライヤーライトニングとは

ビットフライヤーライトニングとは、仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が提供する、プロ向けの高機能取引所です。

ビットフライヤーライトニングで提供されているサービスは以下のとおりです。

  • ビットコイン現物
  • アルトコイン現物
  • ライトニングFX(ビットコインFX)
  • ライトニングFutures(ビットコイン先物)

続いて、ビットフライヤーライトニングを利用するための条件について見てみましょう。

ビットフライヤーライトニングはトレードクラスなら使える

ビットフライヤーライトニングを利用するには、アカウントをトレードクラスにする必要があります。

ビットフライヤーに対して本人情報の資料を提出後、転送不要の書留を受け取ると、自動的にトレードクラスになります。ですから、現在ビットフライヤーで仮想通貨の売買が行えているのであればトレードクラスになっていますので、ビットフライヤーライトニングを利用できます。

続いて、ビットフライヤーライトニングと通常の取引所・販売所との違いを見てみましょう。

ビットフライヤーライトニングと通常の取引所・販売所の違い

ビットフライヤーライトニングと通常の取引所・販売所と違う点をまとめました。

  • ライトニングのビットコイン・アルトコイン現物と、通常の取引所・販売所との違い
  • ライトニングFX・Futuresと、通常の取引所・販売所との違い

ライトニングのビットコイン・アルトコイン現物との違いから見てみましょう。

ライトニングのビットコイン・アルトコイン現物との違い

ビットフライヤーライトニングのビットコイン・アルトコイン現物と、通常の取引所・販売所との違いは分析ツールです。
ビットフライヤーライトニングの方が高度な分析を行うことができます

例えば、ビットコインの価格の動向を表すチャートはビットフライヤーライトニングでは、値動きの推移をグラフ化した「テクニカル指標」を重ねて表示できます。

様々なテクニカル指標をチャートに重ねて分析することで、価格が上がりやすいのか下がりやすいのかを判断できます。

ライトニングFX/Futuresとの違い

ライトニングFX/Futuresと、ビットフライヤーで提供している他のサービスとの違いを下記の表にまとめました。

サービス名 概要
ビットコイン販売所

アルトコイン販売所

ビットコイン取引所

ビットコイン現物

アルトコイン現物

  • 自身の資金でコインそのものを購入して保有するもの
ライトニングFX

ライトニングFutures

  • 証拠金を担保に入れ、ビットフライヤーからお金を借りて取引を行う
  • 返済が完了する間は、1日ごとに手数料(スワップ手数料)がかかる
  • 大きな利益を狙える一方、相場が予想と逆に動くと損失を被るリスクがある

ライトニングFX/Futures以外は、自分の資金でコインを買って保有する一般的な取引手法である「現物取引」です。手持ちの資金内で取引を行うため、資金以上の取引はできません。

ライトニングFX/Futuresでは、利用者は担保を預け入れ、ビットフライヤーから資金を借り入れて取引を行います。

自分の手持ち資金以上の取引を行え、相場が予想通りに動くと現物取引よりも大きな利益を得ることができる一方、相場が予想と逆に動くと大きな損失を被る必要があります。

続いて、ライトニングFuturesについて見てみましょう。

ライトニングFuturesとは

ライトニングFXは建玉を決済する期限は決められておらず、いつまでも建玉を保有しておけますが、ライトニングFuturesは、決済期限(満期日)が決められています。満期日になっても建玉が決済されていない場合は、自動的に決済が行われます。

ビットフライヤーでは、3種類の満期日の先物が取引可能です。

  • 1 週間先物
  • 2 週間先物
  • 3 か月先物

ビットフライヤーライトニングの使い方・画面見方

ビットフライヤーライトニングの概要についてはご理解いただけたと思います。

続いて、ビットフライヤーライトニングの使い方と画面の見方について解説します。

  • ライトニングへのログイン方法
  • ライトニング現物取引とFXを切り替える方法
  • トレード画面をカスタマイズする方法
  • 板情報の変化や取引成立時に鳴る音を消す方法
  • チャートの見方

以上の順番に見ていきましょう。

ライトニングへのログイン方法

ビットフライヤーにログインした後、左のメニューバーから「bitFlyer Lightning」をクリックします。

ビットフライヤーライトニングの画面が表示されます。なお、画面の構成は以下の画像のとおりです。

ライトニング現物取引とFXを切り替える方法

ライトニング現物取引とFXを切り替える手順は以下のとおりです。

ビットフライヤーライトニング画面上部で「BTC-FX/JPY」をクリックします。

トレード画面をカスタマイズする方法

トレード画面をカスタマイズするには、以下の手順で進めましょう。

取引画面の左にあるメニューボタンをクリックします。

「設定」をクリックします。

上記の画面から以下の項目の画面カスタマイズが可能です。

項目 内容
発注数量ボタン 「+0.001」「+0.1」「+1」「+10」「+100」「+0.05」「+0.5」「+5」「+50」「CLEAR」のうち4つまで選択可能
「買い」「売り」ボタンの配置 「買い」ボタンを左にするか右にするか
チャット設定 チャット画面の表示・非表示設定
パフォーマンス 通常モードか低負荷モードか選択可能
Lightningビューレイアウト チャートなし、すべて表示のどちらか
チャート表示 LightChart、Cryptowatch、Originalから選択可能
テーマ トレード画面の色を変更(11種)
Lightning FX/Futuresテーマ Lightning FX/Futuresのトレード画面の色を変更(11種)

板情報の変化や取引成立時に鳴る音を消す方法

トレード画面の音を消すには以下の手順で行います。

左のメニューボタン>設定と進み、サウンドの項目を表示させます。


音を消したい場合はすべての項目のチェックを外しましょう。

チャートの見方

ビットフライヤーライトニングのチャート画面の見方は以下のとおりです。

ビットフライヤーで表示できるチャートの種類は3種類あり、上記の画像はデフォルトの「Light Chart」です。ほかに設定できるCryptowatchとOriginalは以下のようなチャートとなります。

チャートの表示設定については、メニューボタン>設定と進み、チャートの項目から表示させたいチャートにチェックを入れます。

チャートが表示されなかったり、画面が重かったりする場合は、ビットフライヤーのサーバーが混雑している可能性があります。ですから、再度ログインしなおしてみるか、時間を空けて再度アクセスしてみましょう。

なお、スマホアプリでチャートを見る方法と使い方については、以下の記事で解説しています。

参考記事
ビットフライヤーアプリのチャートの見方&使い方!ライトニングも解説

また、ビットフライヤーのチャートの見方や使い方については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考記事
ビットフライヤーチャートの見方と使い方!困った時の対応方法も解説

ビットフライヤーライトニングで取引・決済する方法

ビットフライヤーライトニングの画面の見方についてはご理解いただけたと思います。

では、ビットフライヤーライトニングで取引・決済する方法について、ライトニングFXを行う手順を例に、以下の順番に解説します。

  • レバレッジ倍率の設定
  • 入出金方法
  • 注文(取引)方法
  • 決済方法

では、レバレッジ倍率の設定から見てみましょう。

レバレッジ倍率の設定

取引を行う前に、レバレッジ倍率の設定を行います。

メニューボタン>設定と進み、レバレッジ設定の項目まで画面を下にスクロールします。

レバレッジ倍率は1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・15倍の中から選択できます。

入出金方法

続いて、ライトニングFXの口座に入金を行いましょう。ライトニングFXの口座に入金するためには、最初にビットフライヤーの口座に入金し、その後ライトニングFXの口座へ入金する、という流れになります。

メニューボタン>「入出金」と進みます。

Lightning FX/Futures入出金画面が出てきます。入金できるものは、日本円とビットコイン(BTC)の2種類です。

日本円とビットコインのどちらを入金するか選択し、入金金額を入力します。そして「証拠金口座へ預入れる」をクリックします。

注文(取引)方法

ライトニング口座への入金が完了したら、注文を行いましょう。

BTC-FX/JPYが選択されていることを確認し、注文方法を選択します。

注文方法は「指値」「成行」「特殊注文」の3種類がありますが、ここでは「指値」で注文する手順を解説します。

注文数量と価格を入力し、「買い」または「売り」をクリックしましょう。「本当に注文しますか?」と表示されますので、再度「買い」または「売り」をクリックします。

注文が受注すると、左下の枠の建玉タブに注文が表示され、ポジションの保有が完了します。

続いて、このポジションを解消(決済)する手順を解説します。

決済方法

ポジションを解消する反対注文を行う方法を見てみましょう。

反対注文とは、保有ポジションと同量の数量で、ポジションが買い注文だったら「売り」、ポジションが売り注文だったら「買い」というように、自分が行った注文と反対の注文を行うことです。

注文方法を選択し、注文価格と、保有ポジションと同量の数量を入力し、「買い」または「売り」をクリックします。

反対注文が約定したら、左下の建玉タブからポジションが消え、取引履歴に載りますので、確認しましょう。

なお、チャートを見るポイントについては、こちらで解説しています。

参考記事
トレードをする際のチャートを見るポイント -ビットフライヤーアプリのチャートの見方&使い方!ライトニングも解説

ビットフライヤーライトニングの手数料と証拠金、レバレッジ

ビットフライヤーライトニングで注文を行う手順についてはご理解いただけたと思います。

続いて、ビットフライヤーライトニングを行う上でかかる手数料や証拠金について詳しく解説します。

  • ビットフライヤーライトニングの手数料
  • レバレッジ
  • 証拠金

では、ビットフライヤーライトニングの手数料から見てみましょう。

ビットフライヤーライトニングの手数料

ビットフライヤーライトニングにかかる手数料の種類は以下のとおりです。

  • 取引手数料
  • SFD
  • スワップポイント

ひとつずつ見ていきましょう。

取引手数料

取引手数料とは、注文が約定した際にかかる手数料です。ビットフライヤーライトニングにおける取引手数料は以下のとおりです。

取引市場 スワップポイント
ライトニングFX 0.04%/日
ライトニングFutures 0.04%/日

例えば、0.1BTCの「買い」注文を建て、そのポジションを翌日に持ち越したとします。
スワップポイントは前日の終値で計算され、終値が1BTC=70万円だった時、スワップポイントは28円(70万円×0.1BTC×0.04%)となります。

スワップポイントの確定は00 時 00 分 00 秒に行われます。

では、ポジションを当日の24時までに解消すれば、スワップ手数料はかからないのでしょうか?

ポジションを当日24時までに解消(約定)すれば、スワップ手数料はかかりません。ですから、手数料を掛けないで取引をするには、できるだけ当日中にポジションの決済を目指しましょう。

レバレッジ

ビットフライヤーでは、利用者がビットフライヤーに担保として預け入れる「証拠金」に対して最大15倍までのレバレッジ倍率を設定できます。

例えば、証拠金として10万円を預け入れ、レバレッジ倍率を15倍に設定した場合、 150万円分の取引を行えます。

倍率は1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・15倍の中から選択できます。

証拠金

証拠金とは、担保にするお金のことです。
証拠金は、保有しているポジションに損失が出た場合に、その損失を取引所が補うために利用されます。

例えば、保証金10万円を差し入れ、50万円分のビットコインの「買い」注文を出したとします。ビットコインの価格が下がったとしても、そのポジションにおける損失が10万円以内であれば取引所は保証金の中で補てんできます。

しかし、ポジションにおける損失が10万円を超えてしまうと、取引所が損失を受けることになりかねません。

ですから、取引所はあらかじめ、利用者の「ポジションに対する資本の健全性」を常に監視しており、それが一定の水準を超えると、取引所に損失が出ないよう強制的にポジションの決済を行います。

「ポジションに対する資本の健全性」を表す指標は「証拠金維持率」、強制的にポジションの決済を行うことを「ロスカット」と呼びます。

証拠金維持率は、「取引に必要な保証金(必要証拠金)」に対する資産の占める割合を示したものです。
証拠金維持率は、以下の計算式で求めることができます。

証拠金維持率 = 評価証拠金 ÷ (必要証拠金)

ビットフライヤーライトニングFX(ビットコインFX)の証拠金については、以下のページで詳しく解説してあるので、参考にしてみて下さい。

Lightning FX(ビットコイン FX)とは? -bitFlyer Lightning

続いて、ライトニングを使う上で維持する必要がある、証拠金維持率維持の水準について解説します。

証拠金維持率とロスカット

ビットフライヤーライトニングにおける証拠金維持率と取引の状態についてまとめました。

証拠金維持率 取引の状態
80%以上
  • 通常の取引が行えます
50%以上80%以下
  • 追証(追加で保証金を差し入れること)が求められます
  • 証拠金維持率が80%以上に回復するまで取引が行えません
50%未満
  • ロスカット(未約定の注文の取消し、強制決済)が行われます
  • ロスカットを行っても証拠金維持率が80%未満だった場合、追証が求められます
  • 証拠金維持率が80%以上になるまで取引が行えません

ご覧の通り、証拠金維持率が低くなると、通常の取引が行えなくなるため、証拠金維持率を高く維持するように常に注意を払う必要があります。

証拠金維持率はどこでチェックできるのかというと、トレード画面の以下の部分です。

ビットフライヤーライトニングのメリットとデメリット

ビットフライヤーライトニングの手数料と証拠金についてはご理解いただけたと思います。

続いて、通常の取引所や販売所と比較した、ビットフライヤーライトニングで購入するメリットとデメリットをまとめました。

  • ライトニングFX/Futuresを利用するメリット
  • ライトニングFX/Futuresを利用するデメリット

以上の順番に見ていきましょう。

ライトニングFX/Futuresを利用するメリット

ライトニングFX/Futuresを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 少ない資金で大きな取引ができ、大きな利益を狙える
  • 「売り」から始められ、弱気相場でも利益を出せる
  • 特殊注文が可能
  • 取引手数料が無料

レバレッジを掛けられるため、同じ資金でも現物取引と比べてより大きな取引ができ、予想通りに相場が動くと大きな利益を得ることができます。

また、現物の受け渡しは行わないため、「売り」注文から始めることができ、価格が下落する弱気相場でも利益を狙えます。

ライトニングFX/Futuresを利用するデメリット

ライトニングFX/Futuresを利用するデメリットは以下のとおりです。

  • 相場が予想と逆に動いたときに、大きな損失を被る可能性がある
  • 追証(追加証拠金)の差し入れや強制的な建玉決済(ロスカット)を余儀なくされることもある
  • ポジションが日をまたいだときは、スワップポイントが必要になる

レバレッジを掛けられて大きな利益を狙える一方、相場が予想と逆に動いた場合に大きな損失を被る必要があります。

また、損失を被った際に証拠金維持率(後述します)が基準を下回れば、追加で保証金を差し入れる必要がでたり、ロスカットされたりします。

自己資金以上の取引が行える反面、損失を被った際に想定外の出費が必要になる可能性があります。

イーサリアムを取引する方法

ビットフライヤーライトニングのメリット・デメリットについてはご理解いただけたと思います。

続いて、ビットフライヤーライトニングでイーサリアムを取引する方法について見ていきましょう。

イーサリアムを売買するときは、円建てではできず、ビットコイン建てとなります。ですから、あらかじめビットフライヤーの口座にビットコインを用意しておきましょう。

取引市場で「ETH/BTC」を選択し、注文方法を選択、注文価格と数量を入力し、「買い」または「売り」をクリックします。

なお、イーサリアムを取引する際の取引手数料は0.2%です。

まとめ

ここまで、ビットフライヤーライトニングについて画面の見方や注文方法、メリット・デメリットについて解説しましたが、いかがでしょうか。

改めておさらいしますと、以下になります。

■ビットフライヤーライトニング概要について

  • プロ向けの高機能取引所で、ビットコイン/アルトコイン現物とライトニングFX/Futuresを提供している

 

■ライトニングFX/Futuresについて

  • 自己資金よりも大きな金額の取引を行え、大きな利益を狙える一方、損失を被るリスクがある
  • 「売り」から始めることができ、弱気相場でも利益を狙える
  • 証拠金の追加が求められる追証金や、未決済の注文が強制決済されるロスカットが発生する可能性がある
  • 取引手数料は無料だが、ポジションが日をまたぐとスワップポイントがかかる
  • 資金の健全性を示す「証拠金維持率」を高く保つよう注意が必要

 

■取引手順

  • ライトニングFX/Futuresの取引手順は、レバレッジ倍率の設定>入金>注文>決済

 
ライトニングFX/Futuresの取引手順を踏まえ、証拠金維持率を意識しながら取引を行いましょう!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

Writer01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA