ビットフライヤーがハッキングで停止は噂!保証や二段階認証も解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!
    ■この記事でわかること

  • ビットフライヤーでハッキングされた噂は本当なの?
  • ビットフライヤーのセキュリティって実際どうなの?
  • ビットフライヤーでハッキングされた際の保証はどうなの?

この記事では、ビットフライヤーがハッキングされたという噂のニュースについて解説しています。
この記事を読むことで、ビットフライヤーのハッキングニュースについて、またビットフライヤーのセキュリティや保証のことについて知ることができます。

ビットフライヤーがハッキングで停止は噂!公式がツイッターで否定


今年の5月上旬に、ビットフライヤーがハッキングで停止したという噂が流れ一時期仮想通貨業界では騒然となりました
ビットフライヤーは会員数200万を超えるユーザーを抱え、日本国内でも人気のある仮想通貨取引所です。
そんなビットフライヤーが、ハッキングに遭ったという噂がツイッターで話題となりました。

なぜこんな噂が広まったのかは定かではありませんが、結局のところこの件はただの噂であって真実ではなかったようです。
ビットフライヤーの公式ツイッターでは、ビットフライヤーがハッキングされた事実は存在しないとしてきっぱり否定しています。


またビットフライヤーの代表取締役である加納裕三氏も、同氏のツイッターで「不正アクセスを受けた事実はない」と否定しています。

山本一郎の発言まとめ!不安をあおるが真相は不明


今回のビットフライヤーのハッキング騒動で大きく取り上げられたのは、山本一郎氏のツイートです。
山本一郎氏は、個人投資家または作家であり、歯に衣着せぬ人物として知られています。
当時山本氏のツイッターのフォロワー数は13万人を超えており、大きな影響力を持った人物でありました。
※現在山本一郎氏のツイッターアカウントは凍結されており閲覧できません。

そんな山本氏ですが、ビットフライヤーのハッキング騒動時は不安を掻き立てるようなツイートを繰り返しており、それに影響を受けたフォロワーはビットフライヤーから出金したり仮想通貨の下落に備えて売却したという人もなかにはいたようです。
そんな山本一郎氏のビットフライヤーのハッキング騒動に関するつぶやきは、以下になります。

とりあえずビットフライヤーさんはいったん停止してもらってから業界をいろいろ整理するんやろなあ… 彼らなりに言い分もあるんだろうけど、お客様に全く罪はないからなあ

— 山本一郎(やまもといちろう@告知用) (@kirik) May 9, 2018

なんでこう、ビットフライヤー社はやらかすのかね… 記事に書くか悩み中

— 山本一郎(やまもといちろう@告知用) (@kirik) May 10, 2018

ビットフライヤーさん改修しているのか、単に事故ってるのか…

— 山本一郎(やまもといちろう@告知用) (@kirik) May 10, 2018

北尾さん! GW前からビットフライヤーの加納さんと何かあったんですか?  仮想通貨の世界を双肩に担うSBIの見解を聴きたいです。 RT @yoshitaka_kitao

— 山本一郎(やまもといちろう@告知用) (@kirik) 2018年5月10日

山本一郎氏に対するツイッターユーザーの発言まとめ

以下のツイートは、山本一郎氏の発言を受けて反応した方たちです。
安全策に講じた方や山本氏を指摘する方など、多くの反応が見受けられました。

山本氏は物事をはっきりと言うところもあり芸風として捉えることもできますが、ただ依然として山本一郎氏の発言の意図や背景などの真相は不明であります。

ビットフライヤーのハッキングに関するSNSのリアルタイムのつぶやきは、下記のページからチェックすることができます。

参考ページ
ビットフライヤー ハッキング -Yahoo!リアルタイム検索

また、ビットフライヤーのハッキングに関する最新のニュースは、下記のページからチェックすることができます。

参考ページ
ビットフライヤー ハッキング -Googleニュース

ビットフライヤーのセキュリティは世界一

国内の取引所ではハッキング被害が相次いでいますが、ビットフライヤーは現在のところ不正アクセスやハッキング被害などは起こっていません。

それもそのはずでビットフライヤーは、セキュリティに関して最高評価を受けている取引所の一つなのです。


セキュリティアプリケーションサービスを提供しているSqreenは、140もの取引所を独自に調査し、そのなかでもセキュリティレベルの高い仮想通貨取引所ベスト5を、同社の公式ブログにて紹介しています。
そのなかでビットフライヤーが最高評価の7(10段階)を点けられています

下記の表はSqreenが選ぶセキュリティレベルの高い仮想通貨取引所です。
注意書きとして、Sqreenは以下の取引所をお勧めしているわけではなく、ユーザーが安全に取引ができる取引所を選ぶ手助けになるものとして紹介されています。

取引所 セキュリティスコア(10段階評価)
ビットフライヤー(bitflyer) 日本 7
コインベース(Coinbase) アメリカ 7
ビットフィネックス(Bitfinex) 香港 6
クラーケン(Kraken) アメリカ 6
イットビット(itbit) アメリカ 6

この記事では結論として、Sqrennが分析したほとんどの取引所でいくつか心配になるようなセキュリティ問題を発見したと述べています。
最近では取引所へのハッキング被害も頻発しており、いつ資産がなくなってもおかしくないといえます
取引所は安全だからと資産を預けっぱなしにするのではなく、安全なウォレットに移して保管しておくことが重要といえるでしょう。
この記事でも述べてある通り、セキュリティを軽く見ることは、命取りになる可能性もあるでしょう。

ビットフライヤーの二段階認証の方法


取引口座のセキュリティレベルを上げるためにも、二段階認証は必ず設定しておきましょう
二段階認証を設定しておくことで、自分の資産をハッキングから守ることにもつながります。
二段階認証を設定する場合は、スマホアプリであるGoogleAuthenticatoをインストールしておいてください。

ビットフライヤーの二段階認証の手順は以下の通りです。

  1. ビットフライヤーのホーム画面で、左メニューの「設定」を押します。
  2. 「設定」欄のセキュリティ設定を押します。
  3. 「二段階認証」欄の「二段階認証設定を変更する」ボタンを押します。
  4. 登録した携帯電話番号に認証コードが送られてくるので、記載してある数字を入力して「次へ」ボタンを押します。
  5. 認証アプリを使う」を設定し、ログイン時、外部アドレスの登録時、日本円の出金時にチェックを入れて「次へ」ボタンを押します。
  6. GoogleAuthenticatorで表示されたQRコードを読み取り、アプリで記載されている確認コードを入力して、「二段階認証を設定する」ボタンを押します。
  7. これで二段階認証は完了です。

ビットフライヤーライトニングの使い方は、下記の記事にて詳しく解説しています。

参考記事
ビットフライヤーライトニングの使い方と見方!取引方法・条件も解説

ビットフライヤーがハッキングされた場合の保証はある


ビットフライヤーは2017年6月に補償サービスを開始しており、このサービスは不正ログインをされて日本円の盗難被害に遭った場合に、一定額の補償をするという内容になっています。

よって、この補償制度は仮想通貨が盗まれた場合には適用しないということです。

補償対象者は二段階認証登録を終えたユーザー

アカウントクラスがトレードクラスであり、かつ、ログイン時および日本円出金時に二段階認証設定を設定しているユーザーに限ります。

補償上限金額は500万円

補償が適用される場合の金額は以下の通りです。
預かり資産の合計が円換算にて100万円を超える二段階認証登録ユーザー:上限500万円
上記以外の二段階認証登録ユーザー:上限10万円

補償適用期間は一年間

2018年6月1日0:00~2019年6月1日16:00までの間で、1ユーザーにつき1事故までとします。(1回の不正な日本円出金を1事故とみなす)
適用期間は1年となっていますが、前回は2017年6月1日 0:00~2018年6月1日16:00の間だったので適用期間は更新されているようです。

補償対象期間は不正出金が発生してから14日以内に届け出が受理された場合のみ

14日以内にビットフライヤーと警察に受理されていなければならず、14日間を過ぎると補償されません

補償される条件は不正アクセスによって日本円が出金されること

メールアドレス・パスワードなどの盗取や登録銀行口座の変更・追加によって日本円が不正出金されていることが条件です。

以上がビットフライヤーの補償制度の内容です。
取引所においてある仮想通貨が盗まれても補償されないのは疑問しかありませんが、取引所に通貨を置いておくなということでしょうか。

とにかくビットフライヤーでは、日本円が不正に出金された場合に限り上限500万円まで補償してくれるということです。
仮想通貨が盗まれても補償してくれませんので注意しておきましょう。

まとめ

この記事では、ビットフライヤーのハッキング騒動と山本一郎氏の発言、ビットフライヤーの二段階認証の設定方法やハッキングされた際の補償についてを解説いたしました。
改めておさらいすると以下になります。

  • ビットフライヤーがハッキングされたのは噂であって事実ではない
  • 山本一郎氏の発言は不安をあおっているが真相は不明
  • ビットフライヤーのセキュリティスコアは最高評価の7点
  • 二段階認証設定は自分の資産をハッキングから守るためにも必ず設定しておく
  • ビットフライヤーがハッキングされた際の補償はある

できる限り自分の資産は取引所に預けず安全なウォレットで保管しよう!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

writer03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA