ビットバンクのチャートの見方・使い方!種類や特徴、設定方法も解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

■この記事でわかること

  • ビットバンクのチャートの見方や使い方は?
  • ビットバンクのチャートの種類や特徴とは?
  • ビットバンクのチャートの設定方法とは?

この記事では、ビットバンクのチャートの見方や使い方、種類、特徴、設定方法についてを解説しています。
この記事を読むことで、ビットバンクのチャートの見方や設定方法を理解し、仮想通貨投資に役立てることができます。

ビットバンクのチャートの種類

ビットバンクは、取引板を活用した取引方法である取引所形式を採用している取引所です。取引手数料無料のキャンペーンを継続しておこなっていたり、レンディングサービスである「仮想通貨を貸して増やす」を始めてみたりと堅実に運営している仮想通貨取引所です。

ビットバンクが取り扱っているチャートは全部で8種類あり、以下の通りです。

通貨ペア チャートのページ
ビットコイン(BTC)/日本円 https://bitbank.cc/app/trade/btc_jpy
リップル(XRP)/日本円 https://bitbank.cc/app/trade/xrp_jpy
ライトコイン(LTC)/ビットコイン https://bitbank.cc/app/trade/ltc_btc
イーサリアム(ETH)/ビットコイン https://bitbank.cc/app/trade/eth_btc
モナコイン(MONA)/日本円 https://bitbank.cc/app/trade/mona_jpy
モナコイン(MONA)/日本円 https://bitbank.cc/app/trade/mona_btc
ビットコインキャッシュ/日本円 https://bitbank.cc/app/trade/bcc_jpy
ビットコインキャッシュ/ビットコイン https://bitbank.cc/app/trade/bcc_btc

ビットバンクのチャートの見方

仮想通貨投資の初心者のなかには、チャートの見方がわからない方も多いのではないかと思います。
チャートの見方がわからない方は絶対に投資は失敗するとは言い切れませんが、基本的なチャートの見方は抑えていたほうが投資に有利になります。
この章では、ビットバンクでの基本的なチャートの見方をご紹介します。

ローソク足はチャートの基本


基本的なチャートの見方を理解するためには、まずローソク足を理解する必要があります。
ローソク足とは、その時間軸で価格がどれくらい変動したかがわかる罫線のことです。
ローソク足が上昇している時は、陽線と呼ばれ画像でいう緑色の線で表記され、下落している時は陰線と呼ばれ赤色の線で表記されています。

さらにローソク足は始値、終値、安値、高値という四本値を表したものとなっています。
四本値はそれぞれ以下になります。

  • 始値:その時間軸で一番始めの価格
  • 終値:その時間軸で一番終わりの価格
  • 安値:その時間軸で一番安い価格
  • 高値:その時間軸で一番高い価格

ローソク足はただ線が上下しているわけではなく、価格形成において最適化された表記方法なのです。

また、緑の線と赤の線に白い線が上下に伸びていることが分かります。
この上に伸びている白い線を上ヒゲ、下に伸びている白い線を下ヒゲといいます。
この上ヒゲ、下ヒゲは高値と安値を表しており、上ヒゲが長く伸びていると価格が上がりにくいことを意味し、下ヒゲが伸びていると価格が下がりにくいことを意味しています。

現在値・変動値・出来高の確認方法


チャートの上部には、現在の価格と変動している価格・割合、ビットバンクのその通貨ペアでの出来高を確認することができます。

チャートの縦軸と横軸


チャートに表示されている縦の軸は価格の変動を表しています。チャートが上昇していれば価格が上がっており、チャートが下落していれば価格が下がっていることを意味します。

チャートに表示されている横の軸は、時間や期間を表しています。横の軸は右に行けば行くほど新しい時間であり、左に行けば行くほど過去の時間を意味します。

ビットバンクのチャートの使い方・設定方法

チャートの基本的な見方が分かれば、次はチャートの基本的な使い方・設定方法を見ていきましょう。
これらを理解することでチャートを活用できるようになり、チャート分析に一役立てることができます。

他の通貨ペアの変更方法


左上にある水色の「トレード BTC/JPY」ボタンを押すことで、他の通貨ペアのチャートを変更することができます。現在は8種類から選択できます。

時間軸の変更方法


時間軸を変更するためには、左上にある「1」「5」「15」などの数字を押すことでチャートの時間軸を変更することができます。
1時間の右にあるプルダウンボタンを押すことで、時間軸の一覧を見ることができ、ビットバンクで利用できる時間軸は、「1分」「5分」「15分」「30分」「1時間」「4時間」「1日」「1週間」「1ヶ月」の9種類です。

ラインを描写する方法


左メニューにあるライン描写ツールを使うことで、チャートに線を描くことができます。
たとえば左上にあるトレンドラインを押すと、チャートに自由自在に線を引くことができます。
トレンドラインは相場の流れを記録するときに活用するツールで、これから価格は上がっていくのか下がっていくのかを予測するときに使用します。

トレンドラインを使うには、

  1. 左メニューの一番上にある「トレンドライン」アイコンを押す
  2. チャート上で始点にする場所をクリック
  3. 線の終点を決めてその場所をクリック

することで、トレンドラインを引くことができます。

設定の保存方法


チャートに線を描いたりしたときにその設定を保存しておきたい場合、チャート画面の上メニューにある「上矢印アイコン(チャートを保存)」を押します。

そうすると、引いておいた線を消したり、設定を変更したとしても、上矢印アイコンの右横にある「下矢印アイコン(チャートをロード)」を押すことで、保存したチャートの設定を再び戻すことができます。

移動平均線の表示方法


チャートの有名な指標の一つに移動平均線があります。
移動平均線とは、これまでの一定期間の価格の終値の平均値を算出し、折れ線グラフで表記した指標のことです。
移動平均線は相場のトレンドを把握するのに活用する指標で、移動平均線が右肩上がりなら価格が上昇し、右肩下がりなら価格が下落することを判断することができます。

移動平均線を表示するには、チャート画面の上メニューにある「インディケータ」アイコンを押します。
そのなかにあるMA:移動平均線を選択することで、チャートに黄色の線で表記されます。

出来高の表示・確認方法


出来高は先ほど述べた左上にある通貨ペアを変更するボタンの右横にあります。
またチャート画面にも出来高を確認でき、下部にある緑色と赤色の棒グラフで確認できます。

出来高は基本的にデフォルトで表示されていますが、もし表示されていない場合は上メニューにある「インディケータ」アイコンを押して、出来高を選択することでチャートに表示させることができます。

ビットバンクのチャートの特徴


ビットバンクのチャートツールはTradingViewというトレーダー御用達のチャートツールが採用されています。
TradingViewでは100種類以上のテクニカル指標に対応しており、チャート分析にこだわっている方でも高度なトレードを実現できるツールです。
また基本的な機能はすべて備わっているため、初心者の方にもおすすめできます。

ビットバンクのチャート画面は、余計なものが表示されておらず、操作しやすいのが特徴です。
画面に表示されているのが、「チャート」「注文画面」「取引板」「自分の資産」「注文状況」の5つしか表示されていません。
ビットバンクのシンプルな画面は、初心者の方にも余計なストレスを与えず取引しやすいといえるでしょう。

ビットバンクが採用しているTradingViewは本来有料のツールですが、ビットバンクに口座を開設していない方でも無料で利用することができます。

ビットコインの過去の価格データ

ビットコインのチャートを見る上で、ビットコインの価格がどのように推移してきたのか、全体像を把握しておくために、過去2年間のビットコインの価格データ(BTC/JPY)をまとめました。

下記の表は、2016年11月~2018年9月までの過去約2年間のビットコインの価格データになります。
ビットコインの価格は、2017年12月をピークに緩やかに下降し、70万円〜110万円台で推移しています。

日付け 終値 始値 高値 安値 出来高 前日比%
9月 2018 730,983 761,635 816,147 670,595 0.34K -5.53%
8月 2018 773,790 868,340 913,831 653,644 0.89K -10.89%
7月 2018 868,340 699,893 935,769 685,396 0.88K 23.10%
6月 2018 705,368 821,312 858,546 634,678 1.01K -14.43%
5月 2018 824,313 1,015,504 1,087,841 0 1.13K -18.83%
4月 2018 1,015,504 735,125 1,076,648 676,906 1.33K 38.14%
3月 2018 735,125 1,101,869 1,250,343 715,660 1.55K -36.56%
2月 2018 1,158,702 1,087,452 1,326,113 603,070 2.31K 6.55%
1月 2018 1,087,452 1,656,187 2,154,207 0 4.68K -34.34%
12月 2017 1,656,187 1,153,536 2,315,512 0 3.19K 43.57%
11月 2017 1,153,536 729,017 2,570,511 662,666 2.99K 58.23%
10月 2017 729,017 489,003 733,024 466,627 1.40K 49.08%
9月 2017 489,003 522,489 585,203 309,643 3.79K -6.41%
8月 2017 522,489 315,083 531,332 290,740 3.23K 65.83%
7月 2017 315,083 280,085 316,191 207,666 2.54K 12.23%
6月 2017 280,741 262,456 361,345 241,493 2.22K 6.97%
5月 2017 262,456 147,368 382,689 144,758 3.07K 78.10%
4月 2017 147,368 120,420 150,747 114,646 1.81K 22.38%
3月 2017 120,420 134,747 152,097 100,518 2.92K -10.63%
2月 2017 134,747 108,192 137,981 99,136 2.11K 24.54%
1月 2017 108,192 111,316 139,065 87,043 3.09K -2.81%
12月 2016 111,316 80,161 114,678 80,161 2.53K 38.87%
11月 2016 80,161 72,099 84,361 67,554 2.41K 11.18%

このビットコインの価格データは、Investing.comのBTC JPYの過去データから引用しています。詳細なビットコインの過去の価格データは、下記のページにて確認することができます。

参考ページ
BTC JPY ANX 過去データ-Investing.com

まとめ

この記事では、ビットバンクのチャートの見方や使い方、特徴や設定方法を解説しましたが、分かりましたでしょうか。
改めておさらいすると以下になります。

  • ビットバンクのチャートの種類は8種類
  • ビットバンクのチャートを見る上で、まずローソク足を理解する
  • ビットバンクのチャートは、多機能であるが操作がしやすく初心者にもおすすめできる
  • ビットバンクのチャートはTradingViewというチャートツールを採用している
  • ビットコインの過去データを見ると、現在はなだらかな下落トレンドである

ビットバンクのチャートは誰でも利用できるので、チャート分析の練習に使ってみてはいかがでしょうか。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

writer03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA